Movable Typeのパスワード変更で「URLが不正です。」というエラーなる件についての対処

Movable Typeのパスワード変更で「URLが不正です。」というエラーなる件についての対処

Posted at July 9,2014 12:33 AM
Tag:[MovableType, TroubleShooting]

Movable Typeのパスワード変更で「URLが不正です。」となる件についての対処方法を紹介します。

1.問題点

Movable Typeのパスワード変更を行うためにユーザー情報編集画面で「パスワードの変更」をクリック。

パスワードの変更

「新しいパスワード」と「パスワードの確認」に新しいパスワードを設定して「変更を保存」をクリック。

新しいパスワードを設定

「URLが不正です。」というエラーが発生します。

「URLが不正です。」というエラー

このエラーはパスワードを変更したときだけではなく、他のユーザー情報を変更した場合にも発生する可能性があります。

2.原因

このエラーが発生する原因は、「ウェブサイトURL」欄にURLでない不正な値が設定されているためです。

で、Google Chromeで「ウェブサイトURL」に何も設定していない状態でユーザー情報の編集画面を開くと、「ウェブサイトURL」欄にユーザー名またはユーザーの表示名がそのまま表示されてしまうようです。

自動補完

3.対処

新しいパスワードを設定後、「ウェブサイトURL」を空の状態にしてから「変更を保存」をクリックします。

パスワードを設定

4.ウェブサイトURLに値が設定される問題の対処

Google Chromeではフォームの自動補完機能がデフォルトで有効になっているので、何かの拍子でウェブサイトURL欄に自動補完されてしまうようです(補完される原因の特定には至らず)。

Google Chromeの自動補完自体を無効にする方法もありますが、それでは利便性がよくありません。

で、キャッシュをクリアすることで自動補完されなくなることを確認しましたので、その方法を紹介しておきます。

メニューから「設定」をクリック。

設定

開いた画面の左メニューの「履歴」をクリック。

履歴

閲覧履歴データの消去をクリック。

閲覧履歴データの消去

「自動入力フォームのデータ」をチェックして「閲覧履歴データを消去する」をクリック。「次の期間のアイテムを消去」から選択する期間は、ここでは「すべて」を選択していますが短い期間から始めてもよいでしょう。

閲覧履歴データを消去

これで「ウェブサイトURL」フィールドに自動補完されなくなると思います。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)