Excelで値をパーセントに変換してグラフにする方法

Excelで値をパーセントに変換してグラフにする方法

Posted at February 23,2015 12:55 AM
Tag:[Excel]

Excelで値をパーセントに変換してグラフにする方法を紹介します。

1.はじめに

世の中にタブレット端末が増えてきたので、当ブログにアクセスしてくれているデバイス別ユーザー数の年毎の比率を調べてみました。

デバイス別ユーザー数は、Google Analyticsの「ユーザー」→「モバイル」→「サマリー」の

  • desktop(デスクトップ)
  • mobile(モバイル)
  • tablet(タブレット)

からそれぞれ取得することができます。

デバイス別ユーザー数

で、2008年~2015年2月までのデータは下記のとおりです。

2008年~2015年2月までのデータ

が、これをグラフにしても年毎のデバイス別ユーザー数が表示されるだけで、比率を確認することはできません。

年毎のデバイス別ユーザー数が表示

ということで、値をパーセントに変換してグラフにする方法(というか手順)を紹介します。

よりエレガントな方法があればどこかでつぶやいてください。

2.値をパーセントに変換してグラフにする

値をパーセントに変換してグラフにするには、まず年毎のユーザー数の合計をSUM関数でセルのE列に表示します。

ユーザー数の合計をSUM関数でセルのE列に表示

次にそれぞれのデバイスの割合をF列~H列のセルに表示します。

(クリックで拡大)
それぞれのデバイスの割合をF列~H列のセルに表示

あとはB1~D1セルの項目名をF1~H1セルにコピーし、F1~H9のセルを選択してから「挿入」→「折れ線」をクリックして折れ線グラフを作れば完了です。

折れ線グラフ

ということで本題からそれますが、当ブログでは2010年から2012年にかけてモバイルユーザーが増え、さらにタブレットユーザーも2012年から増えていますが、その後横ばい状態であることが分かります。

横ばいなのは、当ブログの記事がデスクトップ向けの内容が多いせいかもしれません。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)