:target擬似クラスのまとめ

:target擬似クラスのまとめ

Posted at March 16,2015 1:55 AM
Tag:[CSS]

CSSの「:target擬似クラス」について調べてみました。

:target擬似クラス

認識誤りがありましたらどこかでつぶやいてください。

1.:target擬似クラスとは

:target擬似クラスはCSS3で追加されたセレクタです。

以下、とりあえず仕様の記載をもとに記します。

仕様は下記のリンク先にあります。

Selectors Level 3 - 6.6.2. The target pseudo-class :target

フラグメント識別子(#)のついたURIは、同じHTML文書内の特定の要素にリンクされることがあり、これを「ターゲット要素」と呼びます。

次の例は、HTML文書内にあるfooと名付けられた要素を参照するURIです。

http://user-domain/index.html#foo

ターゲット要素は:target擬似クラスで表すことができます。

URIがフラグメント識別子を持たない場合、その文書にはターゲット要素は存在しません。

もう少し平たく言うと、:target擬似クラスを利用すればフラグメント識別子で参照されたアクティブなリンク先の要素にCSSを適用できる、ということです。

2.動作

1項の説明ではピンとこないので、サンプルを使って:target擬似クラスの動作を示します。

次のHTMLとCSSを用意します。

<style>
.box {
    width: 50px;
    height: 50px;
    border: 1px solid #000;
    margin: 10px 20px;
}
:target {
    background-color: #f00;
}
</style>
<ul>
  <li><a href="#test1">test1</a></li>
  <li><a href="#test2">test2</a></li>
  <li><a href="#test3">test3</a></li>
</ul>
<div class="box" id="test1"></div>
<div class="box" id="test2"></div>
<div class="box" id="test3"></div>

このHTMLソースは次のように表示されます。

HTMLソースの表示

「test2」のリンクをクリックすると、ページ内リンク「#test2」の要素に:target擬似クラスセレクタのCSS

:target {
    background-color: #f00;
}

が適用され、「id="test2"」の要素の背景が赤色になります。

:target擬似クラスセレクタのCSSが適用

さらに「test3」のリンクをクリックすると、「#test2」のCSSが解除され、「#test3」の要素に:target擬似クラスセレクタのCSSが適用されます。

:target擬似クラスセレクタのCSSが適用

3.フォーマット

:target擬似クラスのフォーマットは次のとおりです。

セレクタ:target

「セレクタ」の部分の全称セレクタ「*」は省略できます。

つまり、サンプルの:target擬似クラスは全称セレクタを省略したものです。

4.対象となる要素

対象となる要素は、id属性値を持つ要素または、name属性値をもつa要素のいずれかです。

「id属性値を持つ要素」は、前述のサンプルであればdiv要素が該当します。

<div class="box" id="test1"></div>
<div class="box" id="test2"></div>
<div class="box" id="test3"></div>

「name属性値をもつa要素」は、前述のサンプルに赤色部分を加えたようなものになります。

<ul>
  <li><a href="#test1">test1</a></li>
  <li><a href="#test2">test2</a></li>
  <li><a href="#test3">test3</a></li>
  <li><a href="#test4">test4</a></li>
</ul>
<div class="box" id="test1"></div>
<div class="box" id="test2"></div>
<div class="box" id="test3"></div>
<a href="..." name="test4">test4</a>

5.:target擬似クラスと擬似要素を組み合わせる

:target擬似クラスは擬似要素と組み合わせることができます。

div:target {
    background-color: #f00;
}
div:target::before {
    content: url(foo.png);
}
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)