ExcelのINDIRECT関数の使い方

ExcelのINDIRECT関数の使い方

Posted at June 1,2015 1:11 AM
Tag:[Excel]

ExcelのINDIRECT関数の基本的な使い方を紹介します。

1.基本

INDIRECT関数は次のような振る舞いをします。

まず、B2セルに「100」を設定します。

次に、C2セルに「B2」を設定します。

最後に、D2セルに「=INDIRECT(C2)」を設定すると、D2セルに「100」が表示されます。

つまりINDIRECT関数はパラメータに指定したセル(ここではC2)に設定した値を「セル番号」と認識して振る舞ってくれるわけです。

2.文字列を結合する

パラメータに指定するセルを文字列結合で生成することもできます。

まず、B2セルに「100」を設定します。

次に、C2セルに「2」を設定します。

最後に、D2セルに「=INDIRECT("B"&C2)」を設定すると、D2セルに「100」が表示されます。

指定したパラメータの意味は、"B"という文字列とC2セルの内容(=2)を結合した結果、つまり"B2"を参照することを指します。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)