Windowsでファイルやフォルダの一覧をツリー形式で表示する「WinTree」

Windowsでファイルやフォルダの一覧をツリー形式で表示する「WinTree」

Posted at July 13,2015 1:23 AM
Tag:[Windows]

Windowsでファイルやフォルダの一覧をツリー形式で表示する「WinTree」について紹介します。

(クリックで拡大)

1.はじめに

Linuxではtreeというコマンドを使えば、ファイルやフォルダの一覧をツリー形式で表示することができますが、Windowsにはそのような機能がありません。

が、WinTree(正確にはWinTree.NET)というフリーのソフトを利用すれば、Windowsでファイルやフォルダの一覧をツリー形式で表示することができるようになります。

名前のとおり、「.NET Framework 4」がインストールされていることが利用条件となります。

ソフトはWindows 7以降となっていますが、Vistaでも動作するようです。

2.ダウンロード

ベクターのWinTree.NETのページにアクセスして「ダウンロードページへ」をクリック。

「このソフトを今すぐダウンロード」をクリック。

ダウンロードが開始するので、任意のフォルダにダウンロードします。

3.インストール

ダウンロードしたアーカイブを展開し、中にある「WinTree.NET_setup.exe」をダブルクリックするとインストールが開始します。

「次へ」をクリック。

ライセンス許諾契約を確認し、「次へ」をクリック。

インストール先フォルダを指定して「次へ」をクリック。

スタートメニュー等を設定を行い「次へ」をクリック。

ショートカット等の設定を行い「次へ」をクリック。

「次へ」をクリック。

これでインストールが完了したので「完了」をクリック。

4.使い方

スタートメニューからWinTreeを起動すると、次の画面が開きます。ここではMovable Typeのインストールフォルダを指定して実行してみます。

「実行」をクリックすると、情報の収集が開始します。収集が完了するとテキストファイルの保存画面になるので、任意のフォルダに保存します。

テキストファイルを開くと次のようなツリーが表示されます。

(クリックで拡大)

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)