ExcelのMATCH関数の使い方

ExcelのMATCH関数の使い方

Posted at November 6,2015 12:55 AM
Tag:[Excel]

ExcelのMATCH関数の基本的な使い方を紹介します。

1.はじめに

MATCH関数は、指定した範囲にマッチする値があるセルの相対位置を求めるためのものです。

フォーマットは次のとおりです。

MATCH(検査値, 検査範囲, 照合の型)

パラメータの意味は次のとおりです。

  • 検査値:検査したい値またはセルを指定
  • 検査範囲:検査したい範囲をセルで指定
  • 照合の型:「0」は完全一致、「1」は検査値以下の最大の値で検索。検査範囲を昇順に並べ替える必要あり。「-1」は検査値以上の最小の値で検索。検査範囲を降順に並べ替える必要あり。

2.一致する値を検査する

次の表をサンプルにします。

サンプル

この状態でE2セルに、

=MATCH(150, C2:C6, 0)

を入力すると「3(C4セルの値)」が表示されます。

INDEX関数で表示

つまり、「検査範囲(C2:C6)の中から値が「150」のセルの相対位置」になります。

3.一致する値を検査する

さきほどと同じ表をサンプルにします。

サンプル

この状態でD8セルに、

=MATCH(250, C2:C6, 1)

を入力すると「4(C5セルの値)」が表示されます。

INDEX関数で表示

つまり、「検査範囲(C2:C6)の中から値が「250」を超えない最大値のセルの相対位置」になります。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)