Windowsで「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」を実行する方法

Windowsで「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」を実行する方法

Posted at June 30,2016 12:33 AM
Tag:[Windows]

Windowsで「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」を実行する方法を紹介します。

1.はじめに

Windows Updateでは、更新プログラムと一緒にその月の最新の「悪意のあるソフトウェアの削除ツール (KB890830) 」も配信されるようになっています。

またダウンロード後にこのツールが実行され、パソコンをスキャンします。

Windows Updateに時間がかかるのはこのツールのせいです。

ということで、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」を単独で実行する方法を紹介します。

なお、この手順を実施しても次回のWindows Updateが早くなるわけではありませんのであしからず。

2.「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」を実行する

スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」を選択。

ファイル名を指定して実行

「mrt.exe」を入力。

mrt.exe

次の「ツールのさらに新しいバージョンが利用可能な可能性があります。」というダイアログが表示された場合、最新版がリリースされているので(最新版は毎月第2火曜日にリリース)、下記の「Malicious Software Removal Tool」のリンクから最新版をダウンロードして実行します(ダウンロードしたツールを実行すれば、mrt.exe実行画面になります)。

ツールのさらに新しいバージョンが利用可能な可能性があります。

Malicious Software Removal Tool

これで「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」が実行されます。タイトルバー右上「年月」が表示されます。最新のバージョンであれば右下の「次へ」をクリック。

(クリックで拡大、以下同様)
「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」実行

スキャンの種類を選択して「次へ」をクリック。ここでは「クイックスキャン」を選択します。

クイックスキャン

クリックするとスキャンが開始します。プログレスバーは何順もするようですので気長に待ちましょう。

スキャン開始

次の画面でスキャン完了です。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)