Thunderbirdの「受信ファイル」が消えた場合の対処

Thunderbirdの「受信ファイル」が消えた場合の対処

Posted at July 3,2020 12:03 AM
Tag:[Thunderbird, Windows]

Thunderbirdの受信ファイルが消えた場合の対処方法を紹介します。

1.問題点

Windows10でThunderbirdを使っています。

メールを受信すると、ウイルスを含んだメールが紛れていたようで、検疫で削除されてしまいました。

メールの一覧にタイトルは表示されますが、メール本文は表示されません。

また、メールが保存されるはずのフォルダ

C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles\xxxxxx.default-release\Mail\pop.so-net.ne.jp

に、本来であればInboxという、受信トレイに対応するファイルがあるはずですが、Inbox.msfというメール概要ファイルしかありませんでした。

ということで、Thunderbirdの受信ファイルが消えた場合の対処を紹介します。

なお、セキュリティソフトはインストールしていない状態で、Windowsセキュリティのみを利用している場合の方法になります。

2.対処方法

「スタート」→「Windowsセキュリティ」をクリック。

「許可された脅威」をクリック。

「保護の履歴」をクリック。

「脅威が削除されました」をクリック(画像は復元後のため文言が異なっています)。

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」というダイアログが表示されるので「はい」をクリック。

このあと、選択した項目が開き、「復元」ボタンと「削除」ボタンが表示されるので、「復元」をクリックすれば、元のフォルダにInboxファイルが復元されます。

3.注意事項

なお、復元したInboxを使ってThunderbirdからメールを開くと、ウイルスに感染する可能性があるので、怪しいファイルはメールの本文を開かず、右クリックで削除してください。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)