Windows10で「休止状態」を電源オプションに追加する方法

Windows10で「休止状態」を電源オプションに追加する方法

Posted at November 8,2020 11:55 PM
Tag:[Windows10]

Windows10で「休止状態」を電源オプションに追加する方法を紹介します。

1.はじめに

Windows7までは電源オプションに「休止状態」がありました。

が、Windows10には電源オプションにこの「休止状態」がありません。

スリープを使えばいいと思われるかもしれませんが、スリープではメモリなどに少なからず電流が流れてしまうため、バッテリーが消費されてしまいます。

休止状態にすれば、メモリの内容などはディスクに保存されるので、電源オフと同程度のバッテリー消費に抑えることができます。

ということで、Windows10で「休止状態」を電源オプションに追加する方法を紹介します。

2.「休止状態」を電源オプションに追加する

「休止状態」を電源オプションに追加するには、「スタート」→「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」をクリック。

「システムとセキュリティ」をクリック。

「電源オプション」の「電源ボタンの動作の変更」をクリック。

「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリック。

「休止状態」をチェックして、右下の「変更の保存」をクリックしてウィンドウを閉じます。

(クリックで拡大)

これで電源オプションに休止状態が表示されました。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)