Topレンタルサーバ > 2014年1月
2014年1月23日

さくらインターネット+FFFTPでファイル転送に失敗する場合の対処

January 23,2014 2:22 AM
Tag:[, ]
Permalink

さくらインターネット+FFFTPでファイル転送に失敗する場合の対処方法を紹介します。

FFFTPの画面
FFFTP

1.問題点

さくらインターネットのファイル転送にはFFFTPを使っていますが、フォルダごと数百~数千といった大量のファイルを転送すると、100%途中で失敗します。

FFFTPで転送中のダイアログ

転送失敗のダイアログ

「OK」をクリックしても後続の処理が正常に行われないので、ここでいつも「全て中止」をクリックして処理を中断します。

なお、PASVモードの設定や、以前エントリーした「FFFTPで長時間操作しなかった後のアップロードエラーを解消する」の設定でも解消しないようです。

ということで、対処方法について解説します。

2.対処方法

FFFTPの対処方法ではないのですが、FFFTPは使わずにWinSCPのSFTPを利用します。

TeraTermといったターミナルを利用する案もありますが、ここではFFFTPと同じような操作ができるWinSCPを紹介します。

WinSCPを利用するには、WinSCPの日本語ページにある「Download」をクリック。

トップページ

「Installation package」をクリック。

これでダウンロードが開始します。ダウンロードしたアーカイブをダブルクリックすればインストールが開始します。

インストール時に「日本語」を選択すれば日本語化されます。

インストール後、スタートメニューから、WinSCPを起動。

ログイン画面が表示されるので、以下の内容を設定して「ログイン」をクリック。「秘密鍵」の入力は不要です。

  • ファイルプロトコル:SFTP
  • ポート番号:22
  • ホスト名:さくらインターネットを申し込んだときに送信されたメールのFTP情報の「契約サービスの接続情報」の「FTPサーバ名」
  • ユーザ名:〃の「FTPアカウント」
  • パスワード:〃の「サーバパスワード」

(クリックで拡大)

参考:メール本文に記載されたサーバ情報

サーバ接続画面が表示されます。

サーバ接続画面が表示されたまま、さらにホストに接続するダイアログが表示されるので、ホスト鍵をキャッシュに追加して接続する場合は「はい」、ホスト鍵をキャッシュに追加せずに接続する場合は「いいえ」をクリック。

ホスト鍵をキャッシュに追加すれば、次回の接続からこのダイアログは表示されなくなります。

(クリックで拡大)

これで接続が完了してFFFTPのような画面が開きます。

(クリックで拡大)

FFFTPと同じようにアップロードしたいフォルダを左ペインから右ペインにドラッグすると、コピー用ダイアログが開くので「コピー」をクリック。

これで切断されることなくアップロードが行われます(時間はかかるみたいですが)。

3.参考サイト

参考サイトは以下です。ありがとうございました。

その他、さくらVPSに関して以下のような記事もあったので参考まで。

Comments [0] | Trackbacks [0]
2014年1月10日

さくらインターネットでディレクトリ一覧を非表示にする方法

January 10,2014 12:33 AM
Tag:[, ]
Permalink

さくらインターネットでディレクトリ一覧を非表示にする方法を紹介します。

1.はじめに

さくらインターネットのレンタルサーバは、URLの末尾が「/」でアクセスしたディレクトリにindex.htmlなどが存在しない場合、デフォルトでディレクトリ一覧(正式には「ディレクトリリスティング」と呼ぶようです)を表示するようになっているようです。

ディレクトリ一覧

非表示にするには、.htaccessに

Options -Indexes

というOptionsディレクティブを追加するだけで済みそうですが、さくらインターネットではOptionsディレクティブを利用することができません。

ということで、コントロールパネルから設定することでディレクトリ一覧を非表示にする方法を紹介します。

2.さくらインターネットでディレクトリ一覧を非表示にする方法

コントロールパネルで「ファイルマネージャ」をクリック。

コントロールパネル

ファイルマネージャメニューの「表示アドレスへの操作」→「アクセス設定」をクリック。

ファイルマネージャ

「indexファイル」タブをクリック。

アクセス設定

「indexファイルの名前」に、URLの末尾が「/」でアクセスされたときに表示したいファイル名を設定します。デフォルトではスクリーンショットの5ファイルが設定されているので必要に応じて増減します。

indexファイルの名前

「ファイルが存在しない場合の動作」から「アクセスを拒否する」を選択して「OK」をクリック。

ファイルが存在しない場合の動作

これで末尾がURLでアクセスし、指定した拡張子のindexファイルがない場合に「403 Forbidden」となります。

403 Forbidden

Comments [0] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3