TopAppleiPhone > 2013年5月
2013年5月20日

iPhoneで☻(黒スマイリー)を簡単に表示させる方法

May 20,2013 12:33 AM
Tag:[]
Permalink

iPhoneで☻(黒スマイリー)を簡単に表示させる方法を紹介します。正式には「Black Smiling Face」と呼ぶそうです。

Black Smiling Face

1.黒スマイリーを出す

顔文字を辞書登録するには黒スマイリーを「よみ」に入力する必要があるみたいですが、そもそもこの黒スマイリーを出す方法が分かりません。

よくある方法は以下です。

かな入力で顔文字のキーをタップ

かな入力

変換候補を表示する上矢印キーをタップ。

顔文字

候補の中にある「(*☻-☻*)」を選択。

変換候補

「(*☻-☻*)」が表示されました。

変換終了

あとは顔文字の中にある黒スマイリーを選択してコピーします。

コピー

この文字を辞書に登録しておけば、2回目以降はこのような手順を踏まなくていいようなのですが、1回目に黒スマイリーを出す方法がこれしかないのは面倒です。

2.黒スマイリーを簡単に出す

黒スマイリーを簡単に出すには、顔文字のキーを長押ししたまま、他のひらがなキーをタップします。

顔文字のキーを長押ししたまま、他のひらがなキーをタップ

これで黒スマイリーが出てきます。

黒スマイリー

あとは1項と同じ方法でコピーすればOKです。

Comments [0] | Trackbacks [0]
2013年5月14日

iPhoneで小さい「っ」を簡単に入力する方法

May 14,2013 12:55 AM
Tag:[]
Permalink

iPhoneで小さい「っ」を簡単に入力する方法を紹介します。厳密には、「っ」は「促音(そくおん)」と言います。

本エントリーはビギナー向けの内容です。

1.問題点

iPhoneの日本語かな入力で小さい「っ」を入力するには、「た」のキーを6回タップするか、フリック入力で「つ」を選択したあと、「小」のキーをタップする必要があります。

フリック入力の場合、「つ」を選択
かな入力

「小」のキーをタップ
かな入力

「っ」が表示される
「っ」が表示

が、いずれの方法もやや面倒な感じがします。

2.「っ」を簡単に入力する

「っ」を簡単に入力するには、「た」のキーをタップしたあと、その左にある左向き矢印のキーをタップするだけです。

「た」のキーをタップして左向き矢印のキーをタップ
かな入力

これで「っ」が表示される
「っ」が表示

タップするキーが隣に並んでいるので、この方法であれば1項の方法より素早く入力することができるかもしれません。

なお、「iPhoneで同じ文字を連続して入力する方法」で紹介したフリック専用モードになっている場合、この技は使えません。

3.応用

2項と同じ方法で、「ぉ」や「ょ」なども2回のタップで出すことができます。

Comments [0] | Trackbacks [0]
2013年5月13日

iPhoneで同じ文字を連続して入力する方法

May 13,2013 12:03 AM
Tag:[]
Permalink

iPhoneで同じ文字を連続して入力する方法を紹介します。

本エントリーはビギナー向けの内容です。

1.問題点

日本語かな入力の状態で、「い」を入力するには「あ」のキーを2回タップします。

「あ」のキーを2回タップして「い」を入力
日本語かな入力

しかし「いいい」という風に入力たい場合、「い」を入力したあと、少し待って「い」が確定しないと次の文字が入力できません。

そのまますぐにタップすると「いい」ではなく「う」になってしまいます。

「い」を入力したあとにすぐに「あ」のキーをタップすると「う」になる
日本語かな入力

「いい」と入力するには「あ」の部分の背景色が元に戻るまで1秒ほど待たないといけません。

「あ」の部分の背景色が元に戻った状態
日本語かな入力

なお、フリック入力であれば「いいい」という文字は連続して入力できますが、例えば「あああ」という文字はタップでしか選択できないため、タップ入力同様、少し待たないと次の文字を入力できません。

2.対処1(入力文字を確定する)

基本的な操作方法ですが、文字をタップして入力したあと、「あ」の左側にある右矢印キーか「確定」キーをタップします。

これで入力した文字が確定するので、次の文字が入力できるようになります。

右矢印キーまたは「確定」キーで入力文字を確定
入力文字を確定

PCを使っている人は、漢字変換を行う前にリターンキーを押下する操作と同じ、と覚えると分かりやすいでしょう。

3.対処2(フリック入力専用にする)

2項の方法ではタップのアクションが1回多くなり、やや面倒です。

もしフリック入力で文字入力を行っているのであれば、キーボードの設定をフリック入力専用に切り替えることで、右矢印キーのタップが不要になります。

この設定を行えば「あ」のキーを連続してタップすると「あああ…」と入力できるようになります。

キーボードの設定を切り替えるには、「設定」の「一般」をタップ。

設定

「キーボード」をタップ。

一般

「各国のキーボード」をタップ。

キーボード

「日本語テンキー」をタップ。

各国のキーボード

「フリックのみ」をタップ。

日本語テンキー

これでフリック入力専用モードになりました。

フリック入力専用モード

フリック入力専用モードはiOS5から有効のようです。

Comments [0] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3