TopGoogleウェブマスターツール > 2014年6月
2014年6月10日

インデックスされたページを404にしたあとにGoogleウェブマスターツールでインデックスから削除する方法

June 10,2014 12:55 AM
Tag:[, ]
Permalink

インデックスされたページを削除して「404 Not Found」にしたあと、Googleウェブマスターツールを使ってインデックスから削除する方法を紹介します。

1.経緯

このブログは1年ほど前からPVが急激に下がり、以来、SEO対策中です。

で、「良質なサイトを作るためのアドバイス」を参考に、対策のひとつとして内容の薄いと思われる記事ページを一旦ブログから削除しました。

しばらくしてそれらのページはウェブマスターツールの「みつかりません」の項目に404として表示されるようになりました。

ただし、削除したページはすでにインデックスされた状態なので、記事ページを削除しただけではインデックスから除外されないことにあとで気がつきました。これらのページはsitemap.xmlからも除外しています。

コンテンツの内容が薄くなければそのまま放置しても問題ないのかもしれませんが、そういうページをインデックスから外したいことが目的なので、インデックスされたままの状態では問題が解消されないと考えました。

そのため、(sitemap.xmlには追加せずに)削除したページをもう一度復活させ、そこにmeta要素「noindex」を追加してみたのですが、404の状態から変化がありません。

ということでタイトルのとおり、インデックスされたページを404にしたあとにインデックスから削除する方法を紹介します。

2.インデックスから削除する

まず削除した記事ページを復活させてmeta要素を追加。

<meta name="robots" content="noindex,follow" />

そのあと、ウェブマスターツールの「クロールエラー」をクリック。

URLエラーが表示されるので「見つかりませんでした」タブをクリック。

404になっているページのリンクをクリック。

表示されたダイアログの下にある「 Fetch as Google」をクリック。

「取得」をクリック。

ページのコンテンツが正常に取得できればステータスが「完了」になるので、その右側にある「インデックスに送信」をクリック。

「このURLのみをクロールする」を選択して「送信」をクリック。

送信したページに「インデックス送信されたURL」が表示されます。

これで該当ページが再クロールされることでインデックスから除外されるのではないかと思います。

3.送信後の状態について

送信したページ「archives/2005/01/02-003002.php」は404の一覧から消えました(下)。

ただし、インデックスステータスについてはここ数週間変化がないため、現段階ではインデックスから削除されたかどうかについては不明です。

そもそもmeta要素「noindex」を付加したページについて、インデックスステータスに反映されるタイミングが不明ですし、記事の更新やその他のSEO対策をやりつつの結果ということなので、その点についてはあらかじめご了承ください(そういう意味ではタイトルはやや書きすぎです)。

今回利用した「 Fetch as Google」は、クロールを促してインデックスに追加することを目的に使う方がほとんどと思われますが、インデックスから除外するために再クロールを促すとう使い方もできるのではないかと思われます。

Comments [0] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3