Trackbackの連続投稿を受け付けない方法

Trackbackの連続投稿を受け付けない方法

Posted at October 19,2004 12:15 AM
Tag:[]

Movable Typeでは同一IPからの連続したコメントおよびTrackbackを受け付けない設定になっています。
#今頃気づきました…

といってもデフォルトでは「20秒間受け付けない」という設定になっているので、Trackbackについてはほぼ無条件に受け付けているようなものでしょう。
ということで任意の秒数を設定することができます。例えば10分(=600秒)間受け付けない設定にする場合は、mt.cfg の48行目

# ThrottleSeconds 20

の赤字部分とその横の半角空白を削除して

ThrottleSeconds 600

とします。

この変更に際しては注意点が2点あります。
まず、この値はコメントとTrackbackで共用しているので、秒数を長くし過ぎると異なるコメントを連続投稿する場合に影響が出てしまいます。
これを回避するための作戦として、エレガントではありませんが

lib/MT/App/Comments.pm

の136行目

my $throttle_period = $app->{cfg}->ThrottleSeconds;

my $throttle_period = $app->{cfg}->ThrottleSeconds / 10;

のように割算の式を追加すればコメントのタイミングだけ短くすることができます。ThrottleSeconds に600(秒)を指定しているのであれば、この例では10で割っているので60秒となります。

もう一点ですが、このプログラムでは送信IPアドレス(厳密にはblog_idも?)しかチェックしていないため、他の記事への異なるコメントやTrackbackも受け付けられません。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


トラックバック

トラックバックの連続投稿を受け付けない(コメント編もあり) from 裏日記・・・気ままに更新 備忘録
Movable Type3.2-ja 覚え書き 備忘録? 小粋空間様テンプレート... [続きを読む]

Tracked on February 21, 2006 9:41 PM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)