コメント投稿時のPerlエラーを解消する

コメント投稿時のPerlエラーを解消する

Posted at November 27,2004 1:17 AM
Tag:[]

私のウェブログは自宅サーバで運用しています。OSは Windows XP です。
で、当初はそれほどでもなかった(というか皆無)Perlのエラーダイアログが、3.11にアップグレードした辺りから画面に5?10枚/日ほど表示されるようになりました。どうもコメント投稿等やエントリー投稿が引き金になっているようです。自分のPCでコメントを投稿しても発生します。またコメント投稿等も正常終了しない(応答が返ってこない)ことがしばしばありました。そのまま放っておくとコメントが二重投稿されてしまうケースもあるようで投稿された方には大変ご迷惑をおかけ致しました。

時間が経過してもいっこうに回復する気配もない(というか待ってて直るはずもない)ので、さすがに困りました。サイトを検索してもそれらしき情報がみつかりません。Perlのバージョンを入れ替えようか、または Movable Type を新規インストールにしようかと策を講じておりました。
が、しつこくサイトを検索していたところようやく下記の記事にたどり着きました。

Skip Factory - Blogコメントのエラー修正しました
Movable Type 3.x 導入手順コメントの投稿 未登録許可の27番目のコメント

対処は mt.cfg に下記の1行を追加するというものです。

LaunchBackgroundTasks 0

記事と私の事象は微妙に異なるようですが、「WindowsのPerlでは対応していない機能がある」という文言になんとなくピンときて(笑)、この設定を行ってみることにしました。デフォルトの mt.cfg ではこの値に関する記述はありませんので(追記:記述がないのは 3.0D の mt.cfg です)ファイルの一番下にちょろっと追加。ちなみにこのオプションについては

Movable Type ユーザー・マニュアル:設定ガイド

の下から6番目に説明があります。下記は該当部分の抜粋です。

LaunchBackgroundTasks
タスクの中には、デフォルトで、バックグラウンドで実行されているものもあります。 この仕組みによって、Movable Typeがたとえば再構築など重要なタスクを実行している間、ユーザーや別のソフトウエアはアプリケーションを継続して使うことができます。 ただしこの機能はホスティング環境によっては機能しないこともあります。 効果のない機能がある場合は、LaunchBackgroundTasks 0 を設定してみてください。

具体的な原因は「(Movable Typeが使用する)PerlIS.DLL がfork関数に対応していない(実装されていない)ためにエラーが発生する」ということらしいです。forkというのは簡単に申しますと、いくつかのプログラムを同時に走らせるためのもので、同時に走らせることで処理を早く終わらせられます。ちなみにforkを行っているのは

lib/MT/Util.pm

の1000行目辺りにある、下記関数の青字部分1ヶ所だけです。

sub start_background_task {
    my ($func) = @_;
    if (!launch_background_tasks()) { $func->() }
    else {
        $| = 1;            # Flush open filehandles
        my $pid = fork();
        if (!$pid) {
            # child
            close STDIN; open STDIN, "</dev/null";
            close STDOUT; open STDOUT, ">/dev/null"; 
 
            MT::Object->driver->init();
 
            $func->();
            CORE::exit(0) if defined($pid) && !$pid;
        } else {
            MT::Object->driver->init();
        }
    }
}

この対処を実施してからすでに1週間以上経つのですが、エラーは発生しなくなりました。コメントも(やや時間がかかりますが)正常終了します。その代償として新規エントリーの投稿にえらく時間がかかりようになりました(笑)。おそらく並列処理をやめて直列で処理を行っている分、時間がプラスされたのでしょう。コメント投稿も完了するまでに数十秒ほどかかるようです。申し訳ございませんが気長にお待ちになってやってください。

追記:本事象は3.0Dからのアップグレードによるものでした。動作が変化した原因につきましては(o)さんから頂いたコメントを参照ください。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメント

3.11のデフォルトのmt.cfgではLaunchBackgroundTasks 0と書いてありますよ。

3.0では書かれておらず、デフォルトで「1」になっていました。しかし、Background Taskを使う処理がクリティカルなところではOFFになっていて、この値がどう設定されていても問題なく動いていたのです。

こういう仕様変更はドキュメントに書いておいてほしいところですよね。

[1] Posted by (o) : November 27, 2004 5:53 AM

>(o)さん
こんにちは。
ご無沙汰しております。
たしかに書かれてますね…すいません。

そのような仕様変更があったとは知りませんでした。
アップグレード故の問題だったのですね。

アドバイスありがとうございました!

[2] Posted by yujiro : November 27, 2004 7:26 AM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)