html 要素に lang 属性・xml:lang 属性を追加

html 要素に lang 属性・xml:lang 属性を追加

Posted at June 20,2005 11:59 PM
Tag:[lang, WebStandards, XHTML, xmlns]

XHTML では html 要素に対し、拡張要素である xmlns 属性が続きます。

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">

xmlns 属性は「XML名前空間」で、当サイトを彷彿とさせるネーミングです。The Web KANZAKIXML名前空間の簡単な説明が大変参考になります。

この後に、書かれている言語の種類と書かれているXMLの言語の種類を追加することがXHTML1.0に記載されています。いずれも日本語であることを明示する場合は下記のようになります。

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">

ただし The W3C Markup Validation Service ではこの記述がなくても valid になります。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)