月送りカレンダーにリアルタイムカレンダーを適用する場合の補足

月送りカレンダーにリアルタイムカレンダーを適用する場合の補足

Posted at July 31,2005 9:20 PM
Tag:[Calendar, Customize, MovableType]

月送りカレンダーリアルタイムカレンダーを適用する場合の修正手順です。月送りカレンダーを使われている方がリアルタイムカレンダーを導入した時に「うまく表示されない」という質問を以前から時々受けておりましたので、改めてまとめてみました。

ポイントは次の2点です。

  • 「アーカイブ・ファイルのテンプレート」修正
    拡張子が .html になっている月送りカレンダー用ファイルの拡張子を .php に変更します。
  • テンプレートの修正
    月送りカレンダー用ファイルを呼び出している各テンプレートの、iframe タグに記述されている月送りカレンダー用ファイル名を変更します。

なおリアルタイムカレンダーに変更する手順は本来のエントリーをご覧ください(この記事は前準備のみ記しています)。

1.「アーカイブ・ファイルのテンプレート」修正
月送りカレンダーの2項にある「ファイルの関連付け(管理ページの「ウェブログの設定」→「アーカイブの設定」)」では、「アーカイブ・ファイルのテンプレート」を

<$MTArchiveDate format="calendar/%Y/%m/index.html"$>

と設定していますが、ご覧の通り拡張子が .html で出力するようになっています。これを

<$MTArchiveDate format="calendar/%Y/%m/index.php"$>

に変更します。変更が終わったら保存・再構築してください。

2.テンプレートの修正
月送りカレンダーの3項にある「カレンダーの設置」では、 iframe タグの内容は下記のようになっていると思います。

<iframe name="cal-iframe" src="<MTBlogURL>archives/calendar/<MTDate format="%Y/%m/index">.html" width="150" height="115" scrolling="NO" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0">
</iframe>

これが各テンプレート(メインページ/カテゴリーアーカイブ/月別アーカイブ/個別エントリーアーカイブ等)から実際にカレンダーを呼び出して表示する部分ですが、呼び出すファイルの拡張子が .html となっているため(赤色部分)、この状態では xxxxx.html というファイルしか呼び出せません。
ということで .html を .php に修正します(青色部分)。

<iframe name="cal-iframe" src="<MTBlogURL>archives/calendar/<MTDate format="%Y/%m/index">.php" width="150" height="115" scrolling="NO" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0">
</iframe>
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


トラックバック

[sz] カレンダーの改造その3。 from M E T A B O L I S M
 まだやるのかよ! と自分でも思うんだが、気になると仕事も飯も手に付かないので実... [続きを読む]

Tracked on October 22, 2005 6:50 PM

MTでカレンダーを自動更新するには from たかネット
MTが提供するカレンダーは、サイトの再構築が行われない限り、 MTCalenda... [続きを読む]

Tracked on November 11, 2005 11:10 PM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)