WindowsでCtrlとCaps Lockを入れ替える方法

WindowsでCtrlとCaps Lockを入れ替える方法

Posted at November 11,2006 1:38 AM
Tag:[CapsLock, Ctrl, PC]

WindowsでCtrlとCaps Lockを入れ替える方法を紹介します。

1.はじめに

Windowsで使われる日本語キーボードは、Ctrl キーが一番左下、Caps Lock キー(大文字と小文字を切り替えるためのキー)が "A" の左にあるのが普通ですが、タイピングする際にブラインドタッチであれば "A" に小指が置かれているのがニュートラルな状態で、この位置から Ctrl キーに小指を持っていくのは個人的にやや困難です。

私はコピー&ペースト、テキスト全選択やファイル保存等、Ctrl キー+英文字キーとペアで用いることが多いため、Ctrl キーと、Caps Lock キーを入れ替えて使っています。

ということで、Windows XP で Ctrl キーと、Caps Lock キーを入れ替える方法をご紹介します。長年、左下の位置で Ctrl を利用されている方は使い慣れないかも知れませんし、個人差もありますが、小指の移動距離が少なくなるのでお勧めです。

2.CtrlとCaps Lockを入れ替える

「スタート」→「ファイル名を指定して実行」をクリック。

スタートメニュー

開いた画面に "regedit" と入力して[OK]をクリック。

「ファイル名を指定して実行」画面

開いたレジストリエディタ画面の左ペインのツリーを[HKEY_LOCAL_MACHINE]-[SYSTEM]-[CurrentControlSet]-[Control]-[Keyboard Layout]と展開し、[Keyboard Layout]を選択状態にする。

(クリックで拡大:以下同様)
レジストリエディタ画面1

メニューバーより[編集]-[新規]-[バイナリ値]をクリック。これで右ペインに "新しい値 #1" ができます。

レジストリエディタ画面2

"新しい値 #1" の名前が変更できる状態にして(作成直後は変更可能な状態になってますが、そうでない場合は "新しい値 #1" を右クリックして[名前の変更]を選択)、半角英文字で "Scancode Map" に変更。大文字・小文字を間違えないように気をつけてください。

レジストリエディタ画面3

名前を変更した状態です。

レジストリエディタ画面4

"Scancode Map" を右クリックして[バイナリデータの修正]をクリック。

レジストリエディタ画面5

このように新しく画面が開きます。

バイナリ値の編集画面1

開いた画面に、左スクリーンショットを参考に、同じ値を入れてください。

バイナリ値の編集画面2

入力値はテキストでも示しておきます。英文字は自動的に大文字入力されます。また左側の4桁の数字も自動的に表示されます。
入力が終わったら「OK」をクリック。

00 00 00 00 00 00 00 00
03 00 00 00 1D 00 3A 00
3A 00 1D 00 00 00 00 00

入力が終わるとレジストリエディタ画面の右[データ]欄に入力した値が表示されます。

レジストリエディタ画面6

メニューバーの「ファイル」→「レジストリ エディタの終了」をクリック。

レジストリエディタ画面7

これでPCを再起動させればCtrlとCaps Lockが入れ替わります。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)