管理画面のページ遷移を簡単にする Bookmarks プラグイン

管理画面のページ遷移を簡単にする Bookmarks プラグイン

Posted at July 4,2007 2:15 AM
Tag:[Bookmarks, MovableType, Plugin]

MT4 専用の最初のプラグインがリリースされたというアナウンスがありましたので、便乗して紹介します。

First Movable Type 4 Plugin released

This weekend, Kevin Shay, the developer behind several of Movable Type's most popular plugins, release the first Movable Type 4 plugin.

Bookmarks プラグインは、管理ページの任意のページ(例えばテンプレートのインデックスページ編集画面)をブックマークすることで、ページにダイレクトに遷移できるようにするためのものです。

以下設定と操作方法です。

1.プラグインのダウンロード

下記のサイトよりプラグインをダウンロード(スクリーンショット下の「here」をクリック)。

New Plugin for MT 4: Bookmarks

2.プラグインのアップロード

解凍した中にある Bookmarks フォルダを丸ごと plugins ディレクトリにアップロードします。下のような構成になっていればOKです(1.0b2 現在。プラグインのバージョンアップで構成が変わる可能性があります)。

/Bookmarks
 /lib
  /Bookmarks
   App.pm
   Util.pm
  /MT
   Bookmark.pm
 /tmpl
  /dialog
   edit_label.tmpl
   list_bookmark.tmpl
 Bookmarks.pl

3.インストール

管理ページにアクセスするとアップグレード開始画面になりますので、「アップグレード開始」をクリック。

アップグレード開始画面

サインインします。

サインイン画面

アップグレードが開始され、データベースに Bookmark プラグインに必要な情報が生成されます。完了したら「MOvable Type に戻る」をクリック。

アップグレード実行画面

管理画面に「Bookmarks」というメニューが追加されました。

アップグレード実行画面

4.利用方法

例として、インデックスページのテンプレート編集画面をブックマークします。
インデックスページのテンプレート編集画面に遷移したところで Bookmarks のメニューより「Bookmark "My First Blog: Edit Template 3"」を選択。この名称はブログ名+画面名です。

Bookmarkメニュー

ブックマーク画面が表示されるので「Done」をクリック。

アップグレード実行画面

これで Bookmarks メニューの一番下に「My First Blog: Edit Template 3」が追加されました。このメニューを選択すると、どのページにいても、インデックステンプレート編集画面に直接ジャンプすることができます。

Bookmarkメニュー

メニューの「Manage Bookmarks」を選択するとブックマーク管理画面に遷移します。

Bookmarkメニュー

タイトルをクリックするとタイトル名を変更することが出来ます。

Bookmarkメニュー

日本語も利用することができるので、ここでは「インデックスページ編集」に変更し、右下の「Save Changes」をクリック。

Bookmarkメニュー

ブックマークメニューが日本語になりました。

Bookmarkメニュー

カスタマイズされる方は下のように各テンプレート編集画面をブックマークしておくと便利でしょう。

Bookmarkメニュー

お分かりと思いますが、追加したブックマークに「My Firlst Blog」というブログ名を残しているのは、このブックマークがシステムでひとつだからです。
言い換えると、あるブログから他のブログの特定の画面に直接ジャンプすることもできます。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)