テストデータを大量に作成する MTBooter プラグイン

テストデータを大量に作成する MTBooter プラグイン

Posted at November 28,2007 2:03 AM
Tag:[MovableType, MTBooter, Plugin, Test]

ブログの試験でブログ記事データ等を大量に作成したい場合がありますが、ひとつずつ手作業で入力するのは結構面倒です。かといって少量のデータでは全てのテストケースを網羅できない場合もあります。

本エントリーでは、テストデータを大量に作成することができる MTBooter プラグインを紹介します。

MTBooter

1.プラグインのインストール

MTBooter のページよりダウンロードをクリック。

ダウンロード

ダウンロードしたプラグインを解凍し、plugins 配下にある MTBooter フォルダをアプリケーションディレクトリの plugins ディレクトリに丸ごとアップロード。

下記の構成になれば OK です(各フォルダにある "._.DS_Store" は無視)。

/plugins
 /MTBooter
  /lib
   /MTBooter
    /App
     CMS.pm
  /tmpl
   booter.tmpl
  MTBooter.pl

この状態でブログ管理画面にアクセス。アップグレード画面が表示されるので、「アップグレード開始」をクリック。

アップグレード開始

管理画面にサインインします。これでアップグレードが開始されます。

サインイン

アップグレードが完了したら「Movable Type に戻る」をクリック。

アップグレード完了

2.データ作成

新規作成メニューに「Test Data」が追加されるので選択。

Test Data

設定画面が表示されます。

設定画面

下記の説明にしたがって必要な項目を設定。

How many entries would you like to create?
生成するブログ記事数を設定。生成しない場合は0を設定。
How many Pages would you like to create?
生成するウェブページ数を設定。生成しない場合は0を設定。
How many years back should the entries go?
遡る投稿年。5を設定すれば最大5年前の日付に遡って投稿。
Max number of tags for entry?
ブログ記事の最大タグ数。タグを付与しない場合は0を設定。
Add comments
生成したブログ記事にコメントも自動投稿させる場合にチェック。 Will add a random number of comments and comment replies to some of the entries that are created.
Rate entries
ブログ記事に評価をつける場合にチェック。 Will assign random scores to some of the entries that are created.

設定後、「新規作成」をクリック。

生成すると、「… created successfully!」と表示されるので、キャンセルをクリック。続けて生成する場合は、上記を繰り返してください。

設定完了

このように「Entry #n」というタイトルのブログ記事が一括投稿されます。#の後ろの数字はブログ記事のID番号(MTEntryID)です。

ブログ記事一覧

生成されたブログ記事の本文には「Booter biddle」という文字列が設定されます。

ブログ記事

コメントも大量に生成されます。

コメント

タグはこのような感じで生成されます。

タグ

なお、本文・追記のテキストフォーマットのセレクトボックスに「Booter Text Transform」が追加されます。

テキストフォーマット

これは下記の変換をするように予めプログラミングされていますが用途は不明です。

DSW→The Deep & Savage Way
HSZ→Helen of Santa Zita
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)