ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか

Posted at December 2,2007 2:15 AM
Tag:[Amazon, Book]

先日購入した「ウェブ進化論」の続編、「ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか」を読みました。

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)
梅田 望夫

筑摩書房 2007-11-06
売り上げランキング : 22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

前作の「ウェブ進化論」で味わった「(ウェブに関わっていると)これからもの凄いことになるかもしれない」というワクワク感とは一味違うワクワク感、つまりより現実的・実際的に、今ある「ウェブ」を利用してこれからの人生をどう生きていくことができるかということを、ご自身の体験にもとづいて具体的な考えを示しながら語られていることによる、「本当に何か変えられるかもしれない」というワクワク感が、読後に心地よく残りました。

また、別の観点として、前書「ウェブ進化論」で示した自らのオプティムズムに対し多くの方からの批判があったようで、それらに対するより明確な応答(=オプティムズムを貫くということ)がこの本に反映されているように、かなり強く感じました。

私自身もどちらかと言えばオプティミズム(というよりも、物事に対してあまり深く考えない)で、このブログも自分が楽しければOKと思ってます。それに加えて、テンプレートやカスタマイズの記事、あるいは記事に対する質問の回答により疑問が解消されたことで感謝のコメントを頂けることは大変ありがたく思いますし、それらによって私自身がある種の充実感や満足感を得られていることは間違いないと思います。こういうスタイルでブログを運営できることは本当にラッキーであると感じています。

ということで、基本的には梅田さんの考えに共感するところが多くあり、前作に続いてオプティミズムが充分に感じられる内容も嬉しく、これからも梅田さんの活動には陰ながら応援していきたいと思っています。また「新しい仕事」というには遠く及んでいませんが、私もこのブログを通して「好きを貫きながら飯が食える場所」を見つけられることに何らかの可能性を見出せればと思っています。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


トラックバック

梅田望夫 ~ ウェブ時代をゆく from 徒然
『ウェブ進化論』と同様、... [続きを読む]

Tracked on December 24, 2007 12:20 AM

ウェブ時代をゆく - いかに働き、いかに学ぶか from Work box : CAV_CEO Weblog
久々に読んだ良書である。 発売当初から買っておいてあり、日常の多忙さから時間に追われ先ほど読み終えたところである。 一言で言えば、興味深い考察の数々である。 [続きを読む]

Tracked on January 12, 2008 11:22 PM
コメント

おもしろそうな本ですね。 yujiro さんの記事を読んでいて興味が湧きました。
本屋に立ち寄って見てみようと思います。ありがとうございました。

[1] Posted by スズ : December 5, 2007 11:16 AM

>スズさん
こんにちは。
コメントありがとうございました。
読み応えのある一冊です。

[2] Posted by yujiro logo : December 5, 2007 1:16 PM

読ませていただきました。消化不足のところもあるかもしれませんが、非常に前向きな気持ちにさせられる本だと思いました。特に心に残ったのは、「生きるために水を飲むような読書」という表現です。これからインプット→アウトプット→インプット→……をくり返し、ウェブ銀行に脳みそを預けてゆきたいと思います。

[3] Posted by チャーリー432 : December 24, 2007 12:18 AM

>チャーリー432さん
こんばんは。
コメントありがとうございました。
この本から、有意義な人生が生まれるといいですね。

[4] Posted by yujiro logo : December 27, 2007 1:50 AM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)