DirectiveViewerプラグイン

DirectiveViewerプラグイン

Posted at September 18,2009 12:55 AM
Tag:[DirectiveViewer, MovableType, Plugin]

Movable Type の管理画面から環境変数の設定状況を参照できるプラグインを公開します。

このプラグインを利用すれば、次のように、管理画面に環境変数の一覧を表示できます。

環境変数一覧

1.環境変数について

Movable Type の環境変数は、システム全体の動作を定義するものです。例えば、インストール時には CGIPath が環境設定ファイル mt-config.cgi に設定されます。また、インストール後に mt-config.cgi を編集して、任意の環境変数を設定することで、動作を変更することができます。

mt-config.cgi に設定されていない環境変数については、システム内部でデフォルト値が定義されているものもあります。

2.プラグインの機能

このプラグインは以下の機能があります。

  • 環境変数名(ディレクティブ)とその値を表示します。
  • システム管理者権限でログインした場合のみ表示されます。

なお、環境変数は手作業で収集したので、不足しているものがあるかもしれません。また、PluginSchemaVersion のように、プラグイン名の指定が必要なものは対象外にしています。

本プラグインは Movable Type 4.x/5.x で動作します。4.x については現在確認中です。

3.プラグインのダウンロード

下記のリンクからプラグインアーカイブをダウンロードし、任意のフォルダに保存してください。

変更履歴

2009.09.18 初版
2009.09.25 v0.02 Movable Type 4.x に対応
DirectiveViewer_0_02.zip

プラグインのご利用および質問に対する回答等について、ご支援・ご賛同くださる方からの寄付をお待ち申し上げます。

4.インストール

プラグインアーカイブを解凍し、中にある DirectiveViewer フォルダを plugins ディレクトリにアップロードしてください。

ブログ管理画面より「システム」→「プラグイン」でプラグイン一覧を表示し、次のように表示されればOKです。

プラグイン一覧画面

5.表示方法

システム管理者権限でログインし、システム管理画面の「ツール」→「環境変数」をクリックします。Movable Type 5.x であれば、メニューの一番下に表示されます(下)。

メニューの環境変数

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)