Thunderbird で受信済みのメールを再受信する方法

Thunderbird で受信済みのメールを再受信する方法

Posted at November 3,2009 2:55 AM
Tag:[Mail, Thunderbird]

少し前に、「メール紛失とお問い合わせメール再送のお願い」の記事でメールを紛失したとお伝えしましたが、契約しているプロバイダのメールサーバにメールを残していることを思い出し、これにより、最近の約8000件のメール(といってもほとんどがスパムメールですが)は復旧できました。

で、Thunderbird で一度受信したメールを再度受信する方法は、以下のフォルダ、

C:\Documents and Settings\[ユーザ名]\Application Data\Thunderbird\Profiles\[プロファイル名]\Mail\[メールアカウント]

にある popstate.dat(拡張子を表示しない設定の場合は popstate) というファイルをクリアすれば、サーバ上に残っているデータを最初から受信し直してくれます。

popstate.dat

このファイルは Thunderbird で受信したメールの X-UIDL ヘッダ番号を保持しています。X-UIDL(UIDL:Unique IDentification Listing)にはメールを重複して受信しないためのユニークな ID が設定されていて、これを削除することで再度受信ができるという訳です。

また、twitter でつぶやいたところ、Gmail を使ってメールのバックアップを取得する方法も教えて頂いたので、その方法も別途エントリーしたいと思います。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)