IndexFileNameプラグイン

IndexFileNameプラグイン

Posted at June 1,2010 12:55 AM
Tag:[IndexFileName, MovableType, Plugin]

再構築中のインデックステンプレートのファイル名を出力するIndexFileNameプラグインを公開します。インデックステンプレートのファイル名で処理を振り分けたい場合に便利です。

1.機能

MTIndexFileNameファンクションタグを提供します。インデックステンプレートにこのテンプレートタグを記述すると、再構築時にそのインデックステンプレートのファイル名を出力します。他のテンプレートに記述しても何も出力しませんが、例えばインデックステンプレートからインクルードしているテンプレートモジュール内の処理を振り分けたいときにも使えます(詳細は後述)。

後で考えると、このプラグインでなくてもやりたいことは実現できたのですが、何かの役に立つかもしれないので公開します。

2.プラグインのダウンロード

下記の IndexFileName_0_01.zip をクリックして、プラグインアーカイブをダウンロードします。

2010.06.01 初版
IndexFileName_0_01.zip

3.プラグインのインストール

プラグインアーカイブを展開し、中にある IndexFileName フォルダごと、Movable Type のアプリケーションディレクトリの plugins ディレクトリにアップロードします。

システム管理画面のプラグイン一覧で、「IndexFileName~」が表示されればインストール完了です。

プラグイン一覧

4.利用方法

テンプレートモジュール側で判定したい場合は、MTIncludeタグのモディファイアを利用して、値を引き継ぎます。

インデックステンプレート(foo.html)

<mt:IndexFileName setvar="index_file_name" />
<mt:Include module="bar" index_file_name="$index_file_name" />

テンプレートモジュール(bar)

<mt:if name="index_file_name" eq="foo.html">
…中略…
</mt:if>
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)