Windows7やWindows Vistaで検索できないファイルを検索対象に追加する方法

Windows7やWindows Vistaで検索できないファイルを検索対象に追加する方法

Posted at July 2,2010 2:55 AM
Tag:[Search, Windows]

Windows 7やWindows Vistaで検索できないファイルを検索対象に追加する方法を紹介します。

1.Windowsの検索機能について

Windowsでは、いわゆるインデックスを使ってファイル検索やフォルダ検索を行います。ファイル検索は拡張子によって制御されます。ファイルが期待通り検索できないのは、検索したい拡張子のファイルがインデックスに登録されていないためと思われます。

Windows XPでは「Windows XP エクスプローラの検索機能でファイルが検索されない問題(その2:対処方法)」に示した方法で、検索できないファイルを検索できるようになりますが、Vista以降から設定方法が変更になりました。

ということで以下、ファイル検索とファイル検索対象のフォルダの追加方法、および注意事項について解説します。

説明の画面はWindows Vistaを使っていますがWindows7もほぼ同じです。

2.インデックス対象にするファイルの追加

「スタート」→「コントロールパネル」をクリックし、コントロールパネルが開いたらWndows7の場合は「インデックスのオプション」、Windows Vistaの場合は「システムとメンテナンス」をクリックします(画面はWindows Vista)。

コントロールパネル

Windows Vistaの場合は次の画面で「インデックスのオプション」をクリックします。

システムとメンテナンス画面

インデックスのオプション画面が開くので「詳細設定」をクリック。ユーザーアカウント制御を行っている場合、この次の画面で「ユーザーアカウント制御」の画面が表示されるので「続行」をクリックしてください。

インデックスのオプション画面

「ファイルの種類」タブをクリックします。

詳細オプション画面

これで検索対象のファイルの拡張子一覧が表示されます。検索対象にはチェックがついています。

検索対象のファイルの拡張子一覧

チェックがついていない拡張子のファイルを検索対象にしたい場合はチェックをいれ、「OK」をクリックします。

次の画面は、拡張子が「.log」というファイルを検索対象にしたい場合の例を示しています。また、「このファイルのインデックスの作成方法」で「プロパティとファイルのコンテンツのインデックスを作成する」を選択し、ファイルのコンテンツ(内容)もインデックスされるようにします。

チェックがついていない拡張子のファイルを検索対象にする

一覧に表示されていない拡張子のファイルを検索対象にしたい場合、Windows Vistaでは一番下のテキストフィールドに検索対象にしたい拡張子を入力し、「新しい拡張子の追加」をクリック。Windows7では一番下のテキストフィールドに検索対象にしたい拡張子を入力し、「プロパティとファイルのコンテンツのインデックスを作成する」を選択してから「追加」をクリック(先にラジオボタンを選択しないと一覧に追加されない模様)。

ファイルの拡張子を追加

これで検索したいファイルの拡張子が追加されました。Windows Vistaの場合は、さらにチェックを入れて、「このファイルのインデックスの作成方法」で「プロパティとファイルのコンテンツのインデックスを作成する」を選択し、「OK」をクリックします。

ファイルの拡張子の追加完了

ダイアログが表示されるので「OK」をクリックします。

ダイアログ

これで追加した拡張子のインデックス作成が開始します。

3.インデックス対象にするフォルダの追加

ファイルの拡張子を追加しても、該当ファイルが存在するフォルダがインデックス作成対象になっていない可能性があります。

その場合、2項のンデックスのオプション画面の「変更」をクリック。

ダイアログ

ユーザーアカウント制御を行っている場合、何も表示されないので、「すべての場所の表示」をクリックします。そしてこの次の画面で「ユーザーアカウント制御」の画面が表示されるので「続行」をクリックしてください。

ユーザーアカウント制御を行っていない場合はこの手順をスキップしてください。

ダイアログ

現在のインデックス状況が表示されます。

ダイアログ

画面上の「選択された場所の変更」に表示されたフォルダのツリーを展開(三角アイコンをクリック)するなどして、インデックスを行いたいフォルダにチェックをつけます。

ダイアログ

「インデックスのオプション」画面に戻って。追加したフォルダが一覧に追加されていればOKです。

ダイアログ

4.注意事項

インデックスには長時間かかる可能性があるため、上記の手順を実行したあと、すぐに検索できるようになるものではありません。

また、大量のフォルダを登録するとインデックスが膨大なサイズになるので、必要最小限にした方が良いでしょう。

2014.5.19
Windows7の情報を修正しました。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)