Thunderbirdで元メッセージを部分的に引用する方法

Thunderbirdで元メッセージを部分的に引用する方法

Posted at July 21,2010 1:55 AM
Tag:[Mail, Thunderbird]

Thunderbirdで元メッセージを引用返信すると、全文が引用されますが、部分的に引用する小ワザを紹介します。

なお、元メールの内容を引用するためには、あらかじめ「ツール」→「アカウント設定」→「編集とアドレス入力」の「返信時には元のメッセージを自動的に引用する」をチェックしておいてください(下)。

上記のように「キャレットの初期状態」から「引用部の上」を選択しておけば、返信時の編集画面でカーソル(キャレット)を引用文の上に表示させることができます。

1.通常の引用返信

本文がこのような内容の場合、「返信」のアイコンをクリックすると、

「返信」のアイコンをクリック

返信するメール本文に元メールがすべて引用されます。

元メールがすべて引用

2.部分引用して返信

引用したい部分を選択状態にして返信をクリックします。

引用したい部分を選択状態にして返信をクリック

選択した部分だけが引用されます。

選択した部分だけが引用

3.引用部分を複数選択

Ctrlキーを押しながら選択すれば、任意の行を選択状態にできます。

Ctrlキーを押しながら選択すれば、任意の行を選択

選択した部分が引用されます。

選択した部分が引用

以上です。

長文なメールなどでちょっとだけ引用したい場合、引用した後に不要な行を削除するよりも便利かもしれません。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


トラックバック

Thunderbird 返信 from 正しい選択
Thunderbird で返信するとき。 メールの一部を選択(反転)して・・   返信すると・・ その部分だけ、... [続きを読む]

Tracked on August 21, 2010 5:36 PM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)