CustomFieldDataCheckerプラグイン

CustomFieldDataCheckerプラグイン

Posted at January 20,2011 2:03 AM
Tag:[CustomFieldDataChecker, MovableType, Plugin]

Movable Typeのカスタムフィールドで入力したデータの重複チェックを行う「CustomFieldDataCheckerプラグイン」を公開します。

1.機能

このプラグインでは、プラグイン設定画面で指定した特定のカスタムフィールドに入力した値をチェックし、他の記事の同一カスタムフィールドの値と重複している場合に以下のエラーを表示します。

改善後

v0.02ではブログ記事・ウェブページのカスタムフィールドのチェックを行います。

2.価格

  • 個人無償版/有償版での非商用利用/Movable Type Open Source:無償
  • 有償版での商用利用:1000円/1サーバ(税抜き、事前に動作確認してください)

無償でご利用の場合も、プラグインのご利用についてご支援・ご賛同くださる方からの寄付をお待ち申し上げます。

3.プラグインのダウンロード

以下のリンクからプラグインをダウンロードしてください。

2011.01.20 v0.01 初版
2011.03.31 v0.02 ブログ記事をチェック対象に追加/複数カスタムフィールドチェックに対応/エラーメッセージの改善
CustomFieldDataChecker_0_02.zip

4.プラグインのインストール

ダウンロードしたプラグインアーカイブを展開し、中にあるCustomFieldDataCheckerフォルダをpluginsフォルダにアップロードします。

システム管理画面のプラグイン一覧で、「CustomFieldDataChecker~」が表示されればインストール完了です。

プラグイン一覧

5.プラグインの設定

ブログ管理画面(システム管理画面ではありません)のプラグイン一覧で「CustomFieldDataChecker~」→「設定」をクリックして、重複チェックを行いたいカスタムフィールドのベースネームを入力してください。

プラグイン設定画面

複数のカスタムフィールドをチェック対象にするには、チェック対象にしたいカスタムフィールドのベースネームをカンマ区切りで設定してください。カンマの前後に半角スペースが含まれても問題ありません。

プラグイン設定画面

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメント

以前MT5のユーザーコミュニティで質問して、このプラグインを作られるきっかけとなったta-kumiです。どちらに質問しようかと思いましたが、ここに書かせていただきました。ご回答いただけると幸いに存じます。
このプラグインを使っていて、今になって気がついたことがあります。
プラグインの設定をしない(ベースネーム欄を空白のままにしておく)とウェブページやブログの新規ページで作成でエラーとなって、ページが作成できないことです。

チェックの必要がないものは何も入れずに使っていたのですが、新規のページが作れず、しばらく悩みました。コミュニティに質問したこれがそうです。
http://communities.movabletype.jp/2011/03/post-330.html

で、これはどう対処すればよいのでしょうか?チェックの必要がなくても、なんらかの文字列を入れておかなければなりませんか?
無料のバージョンでは仕様として仕方のないことですか?

コミュニティでは毎度的確なアドバイスをいただき本当に感謝しております。このような質問をさせていただくことお許しください。

[1] Posted by ta-kumi : March 28, 2011 12:13 AM

>ta-kumiさん
こんばんは。
ご指摘ありがとうございます。
対処方法ですが、プラグインファイルCMS.pmの19行目あたりの内容を次のように変更してください。

[変更前]
return if !$basename;

[変更後]
return 1 if !$basename;

それではよろしくお願い致します。

[2] Posted by yujiro logo : March 30, 2011 2:10 AM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)