Movable Typeの記事一括編集画面をパワーアップする「PowerEdit プラグイン」をバージョンアップ

Movable Typeの記事一括編集画面をパワーアップする「PowerEdit プラグイン」をバージョンアップ

Posted at July 14,2011 12:55 AM
Tag:[MovableType, Plugin, PowerEdit]

Movable Typeの記事一括編集画面をパワーアップする「PowerEdit プラグイン」をバージョンアップしました。

1.機能

「PowerEdit プラグイン」は、Movable Typeのブログ記事・ウェブページ一括編集画面の編集項目を拡張します。このプラグインを適用すれば、デフォルトの項目の他に、次の項目を編集することができます。

  • 本文
  • 追記
  • タグ
  • キーワード
  • コメント受信設定
  • トラックバック受信設定

2.変更点

プラグインをMovable Type 5.1x対応にしました。MT5.1xでは次のように表示されます。

対応後のレイアウト
PowerEdit プラグイン

今回の変更はテンプレートファイルのみです。なお、テンプレートファイルはこれまでの

alt-tmpl/cms/include/entry_table.tmpl

から

alt-tmpl/cms/edit_entry_batch.tmpl

に変更になりました。

3.プラグインのダウンロード

最新版のプラグインは下記のページよりダウンロードしてください。

PowerEdit プラグイン

4.カスタムフィールドを表示する方法

PowerEditプラグインではカスタマイズすることによってカスタムフィールドを表示することもできます。

PowerEdit プラグイン

カスタムフィールド追加については、個別のカスタマイズも有償で承ります。なおすべての種類のカスタムフィールドを表示できるものではありませんので予めご了承ください。

自力でカスタマイズできる記事も「PowerEdit プラグインでカスタムフィールドを表示する(MT5:テキスト編)」で公開でしています。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)