Thunderbirdでフィードを購読する方法

Thunderbirdでフィードを購読する方法

Posted at October 30,2011 12:55 AM
Tag:[Feed, Thunderbird]

ご存知の方も多いと思いますが、Thunderbirdでフィードを購読する方法です。Thunderbirdのバージョンは7.0.1で確認しています。

1.フィード購読用アカウントの追加

メニューバーの「ファイル」→「新規作成」→「他のサービスのアカウント」を選択

Thunderbird

ウィザードが開くので「ブログとニュース(フィード)」を選択して「次へ」をクリック。

ウィザード

アカウント名を設定します。ここではデフォルトの「ブログとニュース」をそのまま使います。

ウィザード

これでアカウントが追加されました。「完了」をクリック。

ウィザード

2.フィードURLの追加

統合フォルダに追加された「ブログとニュース」をクリックして、「購読するブログやニュースを管理する」をクリック。「ブログとニュース」を右クリックして「購読」を選択しても同じです。

統合フォルダ

開いたダイアログで「追加」をクリック。

フィードの購読画面

フィードURLに、購読したいサイトのフィードURLを設定します。トップページのURLを入力して自動的にフィードのURLを取得してくれるような機能はないようなのでフィードのURLを入力します。

フィードのプロパティ

フィードが正常に取得できれば次のように表示されます。右上の×印をクリックしてこの画面を閉じます。

フィードの購読画面

フィードはこんな感じで表示されます。

フィード

設定を変更するには、アカウント名を右クリックして「設定」を選択。メニューバーの「ツール」→「アカウント設定」でも同じです。

統合フォルダ

取得する周期や取得内容などを設定できます。

アカウント設定

以上です。インターネットで利用できるのはもちろんですが、イントラネットで配信しているフィードを、メールが使える環境であれば、この方法で購読することも可能です。実際、今の職場ではそのようにしています。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)