Movable Typeのテーマにブログ記事を利用できる「EntryImExporterプラグイン」バージョンアップ(カスタムフィールド対応)

Movable Typeのテーマにブログ記事を利用できる「EntryImExporterプラグイン」バージョンアップ(カスタムフィールド対応)

Posted at December 27,2011 1:55 AM
Tag:[EntryImExporter, MovableType, Plugin]

Movable Typeのテーマにブログ記事を利用できる「EntryImExporterプラグイン」をバージョンアップしました。

1.変更点

カスタムフィールドの定義自体はMTのデフォルト機能でエクスポート・インポートができますが、ブログ記事などに入力したカスタムフィールドデータについてはエクスポート・インポートができませんでした。

今回のバージョンアップで、ブログ記事のエクスポート時にカスタムフィールドデータを含むようにしました。カスタムフィールドはすべての種類に対応しています。

ウェブサイト構築で開発環境から本番環境にブログ記事データを移行する場合などにご利用ください。

2.カスタムフィールドのtheme.yamlでの定義方法

theme.yamlのカスタムフィールドデータは「field.ベースネーム」で定義します。theme.yamlのサンプルは以下の通りです。青色の部分がカスタムフィールドの定義イメージになります。

…前略…
elements: 
  default_entries: 
    component: ~
    data: 
      2010: 
        allow_comments: 1
        allow_pings: 1
        asset_labels: ''
        authored_on: 20100403174432
        category: cat
        convert_breaks: __default__
        created_on: 20110707144724
        excerpt: ~
        field.cfimage: オレンジ
        field.cfselect: 100
        field.cftext: 北海道
        field.cfcehckbox: 0
        field.cfurl: http://user-domain/
        …後略…

手動でtheme.yamlを作成する場合はこのように設定してください。チェックボックスは「0」または「1」、アイテムについては、アイテムの名前を設定すると同時に
「asset_labels:」の項目を追加します。アイテムの設定方法については後述します。

3.カスタムフィールドのデータ移行時の注意

カスタムフィールドを含むブログ記事のエクスポートデータを開発環境から本番環境に移行する場合、カスタムフィールドの定義を事前にインポートしてください。

4.カスタムフィールドのアイテムについて

3項に加え、カスタムフィールドに画像などのアイテムを含む場合、利用するアイテムを事前にインポートしてください。

アイテムのエクスポート・インポートには「AssetExporterプラグイン」で行えます。

インポート済みのアイテムと、ブログ記事のカスタムフィールドで利用するアイテムをひもづけるのは、アイテムのラベル(アイテム編集画面の「名前」)です。テーマ適用時に同じラベル名のアイテムが存在すれば、自動的にプログ記事のカスタムフィールドのアイテムとして登録することができます。

例えば、ブログのアイテムに3つの画像「車」「オレンジ」「コーヒー」が登録されているものとします。

アイテム

そしてブログ記事のカスタムフィールドのアイテムに、この3つの画像を登録しています。

ブログ記事のアイテム

このブログ記事をテーマに(バージョンアップしたプラグインを使って)エクスポートします。

エクスポート

エクスポートすれば、エクスポートしたtheme.yamlの該当記事にカスタムフィールド(青色部分)と「asset_labels:」にカスタムフィールドのアイテムに登録しているラベル名が設定されます(赤色部分)。

--- 
author_link: ''
class: blog
description: ''
elements: 
  default_entries: 
    component: ~
    data: 
      2010: 
        allow_comments: 1
        allow_pings: 1
        asset_labels: 車,オレンジ,コーヒー
        authored_on: 20100403174432
        category: cat
        convert_breaks: __default__
        created_on: 20110707144724
        excerpt: ~
        field.cfimage1: 車
        field.cfimage2: オレンジ
        field.cfimage3: コーヒー
        …後略…

このテーマを別のブログにインポート(適用)する際に、同名のラベル名のアイテムが予め登録されていれば、テーマ適用後にブログ記事のカスタムフィールドに該当のアイテムが登録される、という仕組みです。

5.プラグインのダウンロード

EntryImExporterプラグインは下記のリンク先からダウンロードできます。

EntryExporterプラグイン
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメント

こんにちは!
EntryImExporterプラグインを使って、アイテムのエクスポートまでは出来たのですが、エクスポートしたアイテムをインポートする方法が分からず、参照記事にも書かれていなかったので質問させて頂きましたm(_ _)m
ちなみに、MT5.12(オープンソース)を使っています。
宜しくお願いします!

[1] Posted by mimi : December 28, 2011 11:33 AM

>mimiさん
こんばんは。
ご質問の件について、以下のURLでエントリーしましたのでご確認ください。
http://www.koikikukan.com/archives/2011/12/29-015555.php
それではよろしくお願い致します。

[2] Posted by yujiro logo : December 29, 2011 1:50 AM

yujiroさん、丁寧な解説をありがとうございます!!
お陰で出来ました!いつも小粋空間に助けられてます。ありがとうございます。

[3] Posted by mimi : December 29, 2011 11:30 AM

>mimiさん
こんばんは。
ご連絡ありがとうございました。
うまくできたようでよかったです。
ではでは!

[4] Posted by yujiro logo : December 31, 2011 4:07 AM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)