Movable Typeのテンプレート編集画面でシンタックスハイライトを無効にする「InvalidateCodeMirrorプラグイン」バージョンアップ(v0.12)

Movable Typeのテンプレート編集画面でシンタックスハイライトを無効にする「InvalidateCodeMirrorプラグイン」バージョンアップ(v0.12)

Posted at March 15,2012 1:33 AM
Tag:[InvalidCodeMirror, MovableType, Plugin]

Movable Typeのテンプレート編集画面でシンタックスハイライトを無効にする「InvalidateCodeMirrorプラグイン」をv.012にバージョンアップしました。

1.プラグインの機能

下のスクリーンショットのように、テンプレート編集画面のシンタックスハイライト(Codemirror)を無効にします。

Movable Type 5.1テンプレート編集画面(プラグイン適用前)
プラグイン適用前のテンプレート編集画面

Movable Type 5.1テンプレート編集画面(プラグイン適用後)
プラグイン適用前のテンプレート編集画面

2.変更点

本プラグインはMT5.1に対応していましたが、MT5.13のテンプレート編集画面で正常に表示されない不具合が発生したため、修正しました。

修正前のMT5.13テンプレート編集画面(表示が崩れている)

修正後のMT5.13テンプレート編集画面

原因は、MT5.13でテンプレート編集画面用テンプレートのソースコードが変更されおり、それに追従できなくなっていたためです。

今回の修正でMT5.0x~MT5.13までの全バージョンに対応するように変更しましたので、今後MT5.13にアップグレードされる予定の方もアップグレードしておくことをおすすめします。次バージョンでテンプレートのソースコードが変更されると再び動作しなくなる可能性はありますが。

3.プラグインのダウンロード

InvalidateCodeMirrorプラグインは下記のリンク先からダウンロードできます。

InvalidateCodeMirrorプラグイン
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)