jQueryによる要素の存在チェックまとめ

jQueryによる要素の存在チェックまとめ

Posted at April 18,2012 2:22 AM
Tag:[jQuery]

jQueryによる要素の存在チェックまとめです。

jQueryを実行する際、「$(selector)」が成功してjQueryオブジェクトが生成されたことを判断したいケースがあるかと思います。なかったらすいません。

ということで、jQueryで要素(jQueryオブジェクト)が1つでも存在することをチェックする方法を調べてみました。実際に動かした結果でまとめてます。

サンプルはscript要素で括ってますが、必要に応じて「$(function(){ ... });」などで括ってください。間違った情報・表現等がありましたら適宜修正しますのでご指摘ください。

1.$(selector)[0]

「$(selector)」で生成されるjQueryオブジェクトは配列のように扱える(配列の基本メソッドが使える訳ではない)ので、0番目の要素をチェックすることで存在チェックを行えます。

<script>
if ($('div')[0]) {
    alert('Exist');
} else {
    alert('No exist');
}
</script>

2.$(selector).get(0)

get()は、パラメータで指定したインデックスのjQueryオブジェクトに格納されているDOMを取得するメソッドです。パラメータに「0」を指定しないとうまくチェックできないようです。

<script>
if (jQuery('div').get(0)) {
    alert('Exist');
} else {
    alert('No exist');
}
</script>

3.$(selector).length

lenghtは、jQueryオブジェクトのインデックス数を保持しています。インデックス数が「0」の場合は要素が存在しないと判断できます。

<script>
if ($('div').length) {
    alert('Exist');
} else {
    alert('No exist');
}
</script>

4.$(selector).size()

size()はjQueryオブジェクトのインデックス数を返却するメソッドです。インデックス数が「0」の場合は要素が存在しないと判断できます。

<script>
if ($('div').size()) {
    alert('Exist');
} else {
    alert('No exist');
}
</script>

5.$(selector).is('*')

is()は、要素集合のうち、1つでも条件式に合致する要素があればtrueを返すメソッドです。ワイルドカードの「*」を設定することで、指定要素のすべてに合致するかを判定できるようです。

<script>
if ($('div').is('*')) {
    alert('Exist');
} else {
    alert('No exist');
}
</script>
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)