Thunderbirdで1行の折り返し文字数を変更する方法

Thunderbirdで1行の折り返し文字数を変更する方法

Posted at April 25,2012 12:03 AM
Tag:[Thunderbird]

Thunderbirdで1行の折り返し文字数を変更する方法を紹介します。動作確認バージョンはThunderbird 11.0.1です。

1.基本

Thunderbirdでメールを作成すると、下のスクリーンショットのように72文字(全角36文字)のところで自動的に折り返すようになっています(私は前バージョンからのアップグレードで、もともと折り返し文字数を長めにとっていたため、デフォルト値が違っていたらすいません)。

以下、この折り返し文字数を変更する方法を紹介します。

2.折り返し文字数を変更する

「ツール」→「オプション」をクリック。

「詳細」→「一般」タブ→「設定エディタ」をクリック。

開いたウィンドウの「細心の注意を払って使用する」をクリック。

検索ボックスに「mailnews.wraplength」を入力。

表示された「mailnews.wraplength」の項目を右クリックして、「値を変更」を選択。

1行の折り返し文字数を入力して「OK」をクリック。自動的に折り返したくない場合は「0」を入力します。

値が変更されたことを確認して画面を閉じます。前の画面も順番に閉じてください。

次回のメール作成時より折り返しが行われなくなります。Thunderbirdの再起動は不要です。

3.HTML編集について

以前のバージョンでは、HTML編集の場合は「editor.htmlWrapColumn」という項目で1行の折り返し文字数を変更できたようです(バージョン3とか)。

今回確認したところ「editor.htmlWrapColumn」はなくなっていました。その代わり、HTML編集も「mailnews.wraplength」で制御されました。

余談ですがHTMLメールの利用は危険なので控えましょう。

4.半角文字の扱いについて

1行すべてが半角文字の場合は折り返しの対象にならないようです。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)