Thunderbirdのメール送信で表示名を削除するアドオン「Auto Address Cleaner」

Thunderbirdのメール送信で表示名を削除するアドオン「Auto Address Cleaner」

Posted at June 28,2012 1:55 AM
Tag:[Addon, Thunderbird]

Thunderbirdのメール送信で表示名を削除するアドオン「Auto Address Cleaner」を紹介します。

Auto Address Cleaner

1.機能

通常、Thunderbirdのメール送信・返信時に、メールアドレスに表示名が自動補完され、そのまま送信されてしまいます。

例えば、新規作成でメールアドレスまたは表示名を入力すると、候補のアドレスと表示名が表示されます。

候補のアドレスと表示名が表示

選択すると、メールアドレスと表示名が適用されます。

メールアドレスと表示名が適用

表示名を削除してメールアドレスだけに編集しても、

メールアドレスだけに編集

カーソルを他に移動した瞬間に表示名が復活してしまいます。

表示名が復活

例えば、仕事でのメールのやりとりで、相手から受信したメールをそのまま返信すると、送信者の表示名には相手のメールソフト側で作成した表示名がそのまま設定されることが多いと思います。

その場合、当然「様」などの敬称がついていないので、そのメールを受信した側からすれば、見た目があまりよろしくないということになります。

そういった場合、「Auto Address Cleaner」を利用すれば送信メールの表示名を取り除いてくれます。

下のスクリーンショットはThunderbirdからGmailに送ったときのアドオン適用前後の表示です。アドオン適用後はTo:から表示名が削除されていることが分かります。

アドオン適用前
アドオン適用前

アドオン適用前
アドオン適用前

注:メール送信直前まで表示名は表示された状態となります。これはメール送信先を間違えていないか確認しやすいように、という配慮です。

2.インストール

「ツール」→「アドオン」を選択。

メニューバー

アドオンマネージャのタブの検索フォームに「Auto Address Cleaner」を入力して検索。

アドオン画面

検索結果に「Auto Address Cleaner~」が表示されたことを確認。

アドオン検索結果

その右側にある「インストール」をクリック。

Auto Address Cleaner

「今すぐ再起動する」をクリック。

今すぐ再起動する

これでアドオンが適用されます。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)