Androidで日本語入力が激速になる「フリック入力」

Androidで日本語入力が激速になる「フリック入力」

Posted at July 25,2012 1:23 AM
Tag:[Android]

Androidで日本語入力が激速になる(かもしれない)「フリック入力」を紹介します。

android

知らない人にとっては目から鱗なテクニックですが、知っている方にはきわめて当たり前の内容です。

ここではdocomo Xperia Acroで説明します。キーボードは「日本語テンキー」を利用します。

日本語テンキーへの切り替えは、左下の「文字あAa12」を長押しタップしたあと、ケータイアイコンをタップします(下)。

日本語テンキー

1.タップ入力

基本的な入力方法として、「う」を入力する場合「あ」を3回タップすれば入力できます。

タップ入力

2.スワイプ(ドラッグ)入力

操作回数を減らす方法として、「あ」を長押しして少し待つと、あ行の残りの候補が表示されます。これで入力したい文字の方向にドラッグ(またはスワイプ)すれば「い」~「お」が選択できます。

スワイプ(ドラッグ)入力<

3.フリック入力

そして最速の「フリック入力」とは、2項の方法で候補文字の表示を待たずに、フリックして文字を入力することです。

スクリーンショットは「あ」の部分を上方向にフリックして「う」を入力したところです(なれてくれば表示を見ることはないと思いますが)。

フリック入力

上達すれば、かなり早いスピードで日本語を入力できるようになるかもしれません。

言葉ではうまく説明できないので、実際の入力はYouTubeの動画をご覧ください。

フリック入力はiPhoneでも同じようにできます。iPhoneでは「分速386文字」の動画もみつけました。詳しくは「iPhoneで日本語入力が激速になるフリック入力(動画あり)」をご覧ください。

その他、Androidには「フラワータッチ」という機能もあるようです。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)