Windowsの入力文字変換のまとめ(確定後の文字を再変換する方法など)

Windowsの入力文字変換のまとめ(確定後の文字を再変換する方法など)

Posted at August 30,2012 1:55 AM
Tag:[IME, Windows]

Windowsの入力文字変換の方法についてまとめました。

紹介する内容は以下の3つです。

  • 変換範囲を変更する
  • 確定前の変換文字を変換前の状態に戻す
  • 確定後の文字を再変換する

本エントリーはビギナーの方用の内容ですが、日本語入力をなんとなく使っている方も、改めて具体的な仕組みを知ることで作業効率アップにつながるかもしれません。

動作はMicrosoft IME(日本語入力システム)を利用して確認しています。

1.変換範囲を変更する

メモ帳と、誤変換の代表格「さとうとしお」をサンプルに、変換範囲の変更について解説します。

「さとうとしお」と入力します。

「さとうとしお」と入力

スペースキーを押下して変換します。人の名前に変換したいのですが間違った変換になったとします。

スペースキーを押下して変換

まず「砂糖」を「佐藤」に修正するために、現在の変換範囲「砂糖と(下線がついている部分)」を、Shift+←キーを使って「さとう」に変更します。反転部分が選択範囲になります。

変換範囲変更

この状態でスペースキーを何回か押下して「佐藤」に変換します。

「佐藤」に変換

変換したら→キーで変換範囲を移動します。下のスクリーンショットでは太字下線の「と」が、次の変換範囲になります。

変換範囲を移動

Shift+→キーを使って、変換範囲を「としお」の3文字に変更します。

変換範囲変更

スペースキーを何回か押下して「敏男」に変換します。

「敏男」に変換

これで入力できました。

入力完了

2.確定前の変換文字を変換前の状態に戻す

変換してあと、打ち間違いに気がついて再入力したいこともあると思います。

たとえば1項の例で、「敏男」まで選択した状態から戻すには、確定前の状態(下)でCtrl+バックスペースキーを押下します。

Ctrl+バックスペースキーを押下

これで変換前の状態(ひらがな)に戻ります。波線の下線が編集できる状態です。F6を押下してもひらがなに戻りますが、その場合はひらがなで確定した状態(太字下線)になるので、その後の編集動作がやりにくいです。

ひらがなの状態

矢印キーで移動して、文字を修正します。ここでは「と」を「よ」に修正します。修正後、誤ってリターンを押さないように気をつけてください。

文字を修正

あとはスペースキーで変換すればOKです。

変換完了

3.確定後の文字を再変換する

確定後の文字を再変換する方法です。1項で入力した佐藤さんの名前を変更する例で解説します。

まず、再変換したい文字を選択します。

再変換したい文字を選択

「変換」キーを押下すれば変換状態になります。

変換状態

ちなみに、この状態からさらにCtrl+バックスペースキーを押下すればひらがなに戻ります。

ひらがなに戻った状態

再変換は、直前に入力した文字以外の文字でも可能です。要は変換したい文字を選択して「変換」キーを押下すれば何でも再変換OKです。

4.まとめ

文字入力操作のまとめです。

  • 変換範囲の移動:矢印キー(←または→)
  • 変換範囲の変更:Shift+矢印キー
  • 変換前の状態に戻す:Ctrl+バックスペース
  • 確定後の文字の再変換:選択状態で「変換」キーを押下

下線の状態の意味もまとめておきます。

  • 波線:未変換(=編集可能状態)
  • 通常の線:変換範囲
  • 太字:選択中の変換範囲

上記の操作を覚えておけば、打ち直す労力がかなり減るかもしれません。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)