Movable Type管理画面のセッションタイムアウトを延長する「SessionTimeoutExtenderプラグイン」

Movable Type管理画面のセッションタイムアウトを延長する「SessionTimeoutExtenderプラグイン」

Posted at October 4,2012 12:55 AM
Tag:[MovableType, Plugin, SessionTimeoutExtender]

Movable Type管理画面のセッションタイムアウトを延長する「SessionTimeoutExtenderプラグイン」を公開します。

1.MTのセッションタイムアウトについて

Movable Typeの管理画面にログインしたときのセッションタイムアウトは、環境変数UserSessionTimeout(秒指定)で決めることができます。デフォルトは4時間 (14400秒)です。

ただ、タイムアウトが発生するのは、管理画面を最後に操作したときからの経過時間ではなく、最初にログインしたときからの経過時間で計算されてしまうため、管理画面を操作している途中でも一定時間が経過すればタイムアウトします(下)。

タイムアウトイメージ

本プラグインを利用すれば、タイムアウトの計算方法を、管理画面を最後に操作したときからの経過時間に変更します(下)。

プラグイン適用後のタイムアウトイメージ

これにより、タイムアウトするケースをUserSessionTimeoutで設定した時間(あるいはデフォルト値の時間)操作しなかった場合のみに限定することができ、環境変数UserSessionTimeoutの値も短くすることができます。

2.タイムアウトの流れ

参考までに、MT管理画面にアクセスしたときのタイムアウトの流れをトレースしてシーケンスをおこしてみました。かなりおおざっぱで適当なので、間違っていたらすいません。

(クリックで拡大)
タイムアウトの流れ

管理画面にアクセスすると、MT::App::runが実行され、その中でMT::App::loginも毎回起動されます。

MT::App::loginから、ログインセッションの取得のためにMT::App::session_userを起動し、さらにMT::Session::get_unexpired_valueを起動して、データベースのセッション情報(初回ログイン時に記録)を取得します。

ここで初回ログイン時のタイムスタンプと経過時間を比較して、タイムアウトしていなければセッション情報を返却し、タイムアウトした場合はセッション情報をデータベースから削除して、undefを返却します。

undefが返却された場合は、ログインされていないものとみなし、ログイン画面を表示するために「login_again」にフラグを設定します。

3.価格

MT5.x版:1,000円/1インストールMT(税抜き)

4.プラグインのダウンロード・インストール

下記のリンクをクリックして、プラグインアーカイブをダウンロードします。

SessionTimeoutExtender_0_01.zip

プラグインアーカイブを展開し、中にあるSessionTimeoutExtenderフォルダごと、Movable Type のアプリケーションディレクトリのpluginsディレクトリにアップロードします。

システム管理画面のプラグイン設定画面で、「SessionTimeoutExtender~」が表示されればインストール完了です。

プラグイン設定画面

5.注意事項

UserSessionTimeoutに長い時間を設定し、万が一、第三者が管理画面にログインしてしまうと長期間のっとられる可能性があるので注意してください。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)