Windowsのメモ帳に日付を入力する方法

Windowsのメモ帳に日付を入力する方法

Posted at November 12,2012 12:55 AM
Tag:[Notepad, Windows]

Windowsのメモ帳(Notepad)に日付を入力する方法を紹介します。

1.日付を入力する理由

仕事の会議などでメモをとるときにテキストエディタではなく、なぜかメモ帳を使うことが多いのですが、メモ帳の内容をファイルに保存せずにそのまま次の会議で別のメモ帳を開いてしまうことがあります。

で、PCはシャットダウンせずにスリープして使っているので、数日分の未保存のメモ帳が大量にたまっていることがあり、いつ書いたものか分からなくなるときがあります。

ということで、メモ帳を保存していない状態で、作成した日付が分かると助かります(議事の内容で大体分かるのですが)。

2.F5キーで入力する

メモ帳を開いた状態でF5キーを押すと、キーを押したときの日付がカーソルが表示されている位置に入力されます。

F5キーで入力

F5キーというのはショートカットで、正式にはメニューバーの「編集」→「日付と時刻」で入力します。

日付と時刻

この方法であれば、メモをとり始めるかとり終わったあとにF5キーを押せば、ファイルを保存しなくても作成した日付と時刻を知ることができます。

3.ログ機能を使う

冒頭の用途から外れますが、メモ帳の1行目に「.LOG」と記入してファイルを保存しておくことで、次回以降のファイル使用時にタイムスタンプが自動的に入力されます。

実験で、次のような内容でメモ帳を保存します。

メモ帳

保存したメモ帳を開くと、「.LOG」と入力した下にタイムスタンプが入力されます。

タイムスタンプ入力

以降、ファイルを保存して開くたびに一番下にタイムスタンプが入力されます。

タイムスタンプ追加

メモの修正履歴をとるときに便利そうです。

4.参考サイト

参考サイトは以下です。ありがとうございました。

メモ帳での簡単な日付入力法

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)