Windowsのシャットダウンを止める方法

Windowsのシャットダウンを止める方法

Posted at November 14,2012 1:55 AM
Tag:[Windows]

Windowsを間違ってシャットダウンしてしまったときに止める方法を紹介します。

1.問題点

私事ですが、その日の作業が終わったとき、Windowsはシャットダウンさせず、スリープするようにしています。

スリープ

が、メニューを選択するときに誤って「スリープ」の上にある「再起動」や、なぜか一番下にある「シャットダウン」をうっかり選択してしまうことがあります(バカ)。

スリープ

ということで、シャットダウンを止める方法をいくつか紹介します。

2012.11.14追記
はてなブックマークコメントで「電源ボタンにスリープを割り当てればいいのでは?」とありました。

たしかにその通りですが個人的な事情として、普段使っているマシンがノートPCで、外部ディスプレイにつないでフタ(液晶画面)を閉じた状態で使っていて、電源ボタンを押すにはフタを一旦開かないといけないのですが、PCの上に色々ものを置いていたりして、フタを開くのが面倒なのと、開くとディスプレイの設定が変わってしまう場合があるので、スタートメニューからスリープさせています。説明不足ですいません。

ちなみにノートPC単体で作業しているのであれば、フタを閉じればスタンバイにできる設定があるので、電源ボタンを押す必要もありません。

2.「shutdown.exe -a」で止める

シャットダウンは「shutdown.exe -a」で止めることができるので、これを素早く実行できるための準備をしておきます。

まず、C:¥Windows¥System32¥shutdown.exeのショートカットを作成します。

ショートカットを作成

作成したショートカットの「プロパティ」をクリック。

ショートカット

コマンドの最後に「-a」を追加して「OK」をクリックします。

プロパティ画面

あとはショートカットをデスクトップに移動し、分かりやすい名称をつけておきます。

デスクトップ

うっかりシャットダウンしたとき、このショートカットをすぐにダブルクリックすればOKです。

気をつけるのは、このショートカットが他のウィンドウで隠れないようにすることです。

3.「Ctrl+Alt+Del」で止める

スクリーンショットがなくてすいませんが、シャットダウンを選択してしまった直後に「Ctrl+Alt+Del」でタスクマネージャを起動すると、シャットダウンを中止する「キャンセル」ボタンが表示されるので、「キャンセル」をクリックします。

4.未保存データの確認ダイアログで止める

積極的に止める方法ではありませんが、たとえば保存していないメモ帳があると、シャットダウン前に「保存しますか」という確認のダイアログが表示されるはずです。そこでキャンセルをクリックすればシャットダウンが止まったように記憶しています。

ただし、シャットダウンされるアプリケーションの順番に依存するので、メモ帳が最後に終了するようなケースもあるかもしれません。

5.注意事項

以上です。

いずれの方法も完全にシャットダウン前の状態に戻せるものではなく、シャットダウンを開始してから停止するまでにいくつかのアプリケーションが止まる可能性があるので、シャットダウン停止後の動作がおかしいようであれば、停止したアプリケーションがないか確認するとよいでしょう。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)