jQueryでCSSのimportantを指定する方法

jQueryでCSSのimportantを指定する方法

Posted at March 27,2013 12:33 AM
Tag:[CSS, jQuery]

jQueryでCSSのimportantを指定する方法を紹介します。

jQuery

1.問題点

jQueryでCSSの設定を行う場合、css()を利用します。

<script src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.9.1/jquery.min.js"></script>
<script>
$(function(){
    $('.foo').css('color', '#f00');
});
</script>
<p class="foo">Hello!</p>

ただし、importantを指定するときに次のように記述しても有効になりません。

<script>
$(function(){
    $('.foo').css('color', '#f00!important');
});
</script>

2.jQueryでCSSのimportantを指定する

jQueryでCSSのimportantを指定するには「cssText」を利用します。

<script>
$(function(){
    $('.foo').css('cssText', 'color: #f00!important');
});
</script>

cssTextはimportantの有無に関係なく、通常のCSSの設定でも利用できます。

3.cssTextとは

cssTextは、CSSを「プロパティ: 値」という、実際のテキスト形式で読み書きするための機能です。

JavaScriptでは次のように記述すれば、プロパティと値を設定することも可能です。

document.body.style.cssText = 'color: #f00;';

次のように記述すれば、一番最初のセレクタのプロパティと値を取得できます。

<script>
var stylesheet = document.styleSheets[0];
console.log(stylesheet.cssRules[0].cssText);
</script>

4.cssTextに複数のプロパティと値を設定する

話がそれますが、cssTextに複数のプロパティと値を設定するには、単純に連結してください。

<script>
$(function(){
    $('.foo').css('cssText', 'color: #f00;' + 'margin: 10px;');
});
</script>

連結する場合、区切りのセミコロンを忘れないように気をつけましょう。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)