YouTube動画をGIFアニメに変換する方法

YouTube動画をGIFアニメに変換する方法

Posted at November 7,2013 1:55 AM
Tag:[GIF, YouTube]

YouTube動画をGIFアニメに変換する方法を紹介します。

ここでは動画をGIFアニメに変換してくれるサービス「Giflike」を利用します。

Giflike
Giflike

1.アカウント作成

Giflikeのページ右上にある「Sign in」をクリック。

Sign in

下の方にある「Create an account in seconds.」をクリック。

Create an account in seconds.

任意のユーザー名とパスワード、メールアドレス(オプション)を入力して「Create your account」をクリック。これで完了です。

Create your account

アカウントを作成しないと、作成したGIFアニメのダウンロードや公開は行えません(編集までは実行可能)。

2.GIFアニメ作成範囲の指定

ページ左上の「Create」をクリック。

Create

YouTubeのURLを「Paste video URL」に入力。今回はHONDAのCM(http://www.youtube.com/watch?v=UelJZG_bF98)を使います。今後は他の動画のURLも設定できるようになるかもしれません。

YouTubeのURL

入力するとすぐに範囲指定画面に切り替わります。

(クリックで拡大)
編集画面

画面下にあるバーをドラッグして、GIFアニメ作成範囲を指定します。表示されているのは開始時刻とフレーム数です。赤い線は最大作成フレーム位置を示します(そこより右側は選択不可)。

GIFアニメ作成範囲

「Import」というボタンの上に、秒間フレーム数(fps)を選択するプルダウンがあり、そこで変更することができます。秒間フレーム数を増やすと合計時間が短くなるので気をつけてください。

秒間フレーム数

作成範囲決まったら「Import」をクリック。

3.GIFアニメの編集

「Import」をクリックすると、「Please be patient, this may take a few moments(しばらく時間がかかることがあるのでお待ちください)」と表示されます。

Please be patient, this may take a few moments

画面が切り替わりますが、まだ準備が完了していないのでもう少し待ちます。

(クリックで拡大)
準備が完了待ち

これで編集画面になりました。

(クリックで拡大)
編集画面

編集方法ですが、まずサムネイルをクリックすれば、その部分だけをGIFアニメの対象にしてくれます。この例では3つのサムネイルを選択して、左下に「3/75 frames」と表示されているのが分かります。

サムネイルをクリック

あるいはサムネイル下にある「Select all」をチェックすれば、2項で選択した範囲すべてをGIFアニメにしてくれます。

Select all

スクロールバーを動かせば編集画面上でコマ送りも可能です。

スクロールバー

「Bounce」で「ON」を選択すれば、順方向と逆方向を交互にアニメーションしてくれます。

Bounce

fpsを変更すれば早回しやスローモーションになります。

fpsを変更

4.GIFアニメの公開

編集が終わったら「Publish」をクリック。

Publish

確認のダイアログが表示されるので「OK」をクリック。

確認ダイアログ

実行中のメッセージが表示されます。

(クリックで拡大)
準備中

公開画面に切り替わりました。再生ボタンをクリックすれば再生します。またプログレスバー部分をマウスで操作してコマ送りをさせることも可能です。

(クリックで拡大)
公開画面

GIFアニメの右下にダウンロード用のアイコンとシェア用のアイコンが表示されます。

アイコン

シェア用のアイコンをクリックすると、画面下にFacebookやTwitterボタン、またはURLなどが表示されます。

(クリックで拡大)
シェア用のアイコン

ということで、今回作成したGIFアニメは以下です。

http://www.giflike.com/a/OB4GQm9

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)