Movable Typeでダッシュボードのサイト情報期間を変更できる「SiteStatsTermChangerプラグイン」

Movable Typeでダッシュボードのサイト情報期間を変更できる「SiteStatsTermChangerプラグイン」

Posted at May 1,2014 2:34 AM
Tag:[Dashboard, MovableType, Plugin, SiteStatsTermChanger]

Movable Type 6のダッシュボードのサイト情報期間を変更できる「SiteStatsTermChangerプラグイン」を公開します。

このプラグインは野田さんの下記の記事に触発されて作ったものです。

Junnama Online: 毎日ブログ記事を書くために、ツールにできる工夫って結構あるよね。

1.機能

Movable Type 6のダッシュボードの「サイト情報」にはMTのChart APIによるグラフが表示され、表示期間は直近の10日間になっています。

(クリックで拡大)
サイト情報期間

この表示期間はプログラムにハードコーディングされているようで、簡単に変更することはできないようです。

ですが本プラグインを利用すれば、表示期間を60日に変更できるようになります(値は可変にできるようバージョンアップする予定)。

(クリックで拡大)
サイト情報期間

2.プラグインのダウンロード・インストール

下記のリンクをクリックして、SiteStatsTermChangerのプラグインアーカイブをダウンロードします。

SiteStatsTermChanger_0_01.zip

プラグインアーカイブを展開し、pluginsフォルダにあるSiteStatsTermChangerフォルダをMovable Typeのアプリケーションディレクトリのpluginsディレクトリにアップロードします。

システム管理画面のプラグイン設定画面で、「SiteStatsTermChanger~」が表示されればインストール完了です。

プラグイン設定画面

3.注意事項

万が一、グラフ部分が真っ白になってしまった場合は下記のjsonファイル(グラフの元データ)を削除してください。

mt-static/support/dashboard/stats/0/xxx/yyy/data_n.json

「xxx」はブログID、「yyy」はユーザIDにひもづく値になります。data_nの「n」はブログID、パスの「0」はブログIDが1000を超えるとインクリメントされるようです。

削除後、ダッシュボード画面をリロードすればデータが再生成されてグラフが正常に表示されると思いますが、回復しない場合はプラグイン削除後、同じ手順を繰り返してください。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)