Windows UpdateでPCを自動的に再起動しないようにする方法

Windows UpdateでPCを自動的に再起動しないようにする方法

Posted at July 16,2014 1:55 AM
Tag:[Windows]

Windows UpdateでPCを自動的に再起動しないようにする方法を紹介します。

1.問題点

Windows Updateで「更新プログラムを自動的にインストールする」を選択していると、更新プログラムのダウンロードとインストールがバックグラウンドで実行され、さらにあらかじめ設定した時刻に再起動が自動的に実行されてしまいます。

再起動が自動的に実行

作業中あるいはPCを休止状態にしていてもこの再起動は自動的に実行されてしまいます。

私の場合は就寝前に休止状態にしているのですが、更新プログラムの自動インストールが実行されると、前の日に開いていた画面がすべてなくなってしまうことが何度もありました。

参考までに「修正プログラムの適用まで自動実行」の設定は次のとおりです。画面はWindows VistaなのでWindows7は若干異なるかもしれません。

コントロールパネルの「セキュリティ」をクリック。

コントロールパネル

「自動更新の有効化または無効化」をクリック。

セキュリティ

「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」が選択されている状態になっています。

自動更新の有効化または無効化

2.Windows Updateで自動的に再起動しないようにする(Windows Vista Home Premium、Windows 7 Starter/Home Premiumの場合)

本項ではWindows Vista Home Premium、Windows 7 Starter/Home Premiumを使っている方向けに手順を説明します。それ以外の方は3項に進んでください。

「スタート」→「プログラムとファイルの検索」に「regedit」を入力。

プログラムとファイルの検索

レジストリエディタが起動します。

(クリックで拡大、以下同様)
レジストリエディタ

ツリーから以下を展開

HKEY_LOCAL_MACHINEのSOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows

ツリーを展開

「Windows」を右クリックして「新規」→「キー」を選択。

「新規」→「キー」を選択

ツリーに「新しいキー#1」が表示されます。

ツリーに「新しいキー#1」が表示

これを「WindowsUpdate」に書き換えます。

「WindowsUpdate」に書き換え

同じ手順で「WindowsUpdate」を右クリックして「新規」→「キー」を選択し、「AU」に書き換えます。

「AU」に書き換え

「AU」を選択した状態で、右側ペインで右クリックして「DWORD(32ビット)値」を選択。

「DWORD(32ビット)値」を選択

右ペインに「新しい値#1」が表示されます。

「新しい値#1」が表示

名称を「NoAutoRebootWithLoggedOnUsers」に書き換えます。

名称を「NoAutoRebootWithLoggedOnUsers」に書き換え

「NoAutoRebootWithLoggedOnUsers」を右クリックして「修正」を選択。

修正

「値のデータ」に「1」を設定して「OK」をクリック。

値のデータ

追加した項目の値が「1」になっていることを確認。

追加した項目の値が「1」

ウィンドウの右上の×をクリックしてレジストリエディタを終了します。

これで再起動すれば、これ以降、更新プログラムのインストールを検知しても自動的に再起動しない画面に切り替わります。

更新プログラムのインストール

この状態は、Windows Vista Business/Enterprise/UltimateおよびWindows 7 Professional/Enterprise/Ultimateのローカルグループポリシーの「スケジュールされた自動更新のインストール」で「ログオンしているユーザーがいる場合には自動的に再起動しない」と同じ状態になるようです。

3.Windows Updateで自動的に再起動しないようにする(Windows Vista Business/Enterprise/UltimateおよびWindows 7 Professional/Enterprise/Ultimateの場合)

以下、文章だけですいませんが、Windows Vista Business/Enterprise/UltimateおよびWindows 7 Professional/Enterprise/Ultimateのローカルグループポリシー変更方法です。

まず、「スタート」→「プログラムとファイルの検索」で「gpedit.msc」を入力してローカルグループポリシーエディタを起動します。

ツリーから「コンピューターの構成」→「管理用テンプレート」→「Windowsコンポーネント」→「Windows Update」を選択し、右ペインから「スケジュールされた自動更新のインストールで、ログオンしているユーザーがいる場合には自動的に再起動しない」を開く。

「スケジュールされた自動更新のインストールで、ログオンしているユーザーがいる場合には自動的に再起動しない」のダイアログで「有効」を選択して「OK」をクリックすれば完了です。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)