Windowsの無料ウィルス対策ソフト「Microsoft Security Essentials」

Windowsの無料ウィルス対策ソフト「Microsoft Security Essentials」

Posted at August 15,2014 12:33 AM
Tag:[Security, Windows]

Windowsの無料ウィルス対策ソフト「Microsoft Security Essentials」の紹介です。

1.はじめに

ウィルス対策としては、カスペルスキー・マカフィー・ノートンといった市販のソフトが有名ですが、Microsoftが無償で「Microsoft Security Essentials」というウィルス対策ソフトを配布しています。

Microsoft Security Essentials

ということで、Microsoft Security Essentialsの使い方について紹介したいと思います。

2.ダウンロード・インストール

Microsoft Security Essentialsのページにアクセスして「今すぐダウンロード」をクリック。

ダウンロード

ダウンロードが開始するので任意のフォルダにダウンロードします。

ダウンロードしたMSEInstall.exeをダブルクリックするとインストールが開始するので「次へ」をクリック。

(クリックで拡大、以下同様)
ダウンロード

ライセンス条項が表示されるので問題なければ「次へ」をクリック。

ライセンス条項

カスタマーエクスペリエンス向上プログラムの参加可否を選択して「次へ」をクリック。

カスタマーエクスペリエンス向上プログラム

セキュリティの最適化を設定して「次へ」をクリック。

セキュリティの最適化

「インストール」をクリック。

インストール開始

インストールが開始します。

インストール

インストールが完了したら再起動を促されるので、問題なければ「今すぐ再起動」をクリック。

インストール完了

3.使い方

再起動が終わると、タスクバーにMicrosoft Security Essentialsのアイコンが表示されます(=自動的に起動するのでスタートメニューから起動する必要なし)。

タスクバー

Microsoft Security Essentialsの管理画面を開くには、タスクバーのアイコンを右クリックして「開く」を選択(またはダブルクリック)。

タスクバー

次の画面が開きます。インストール直後の再起動後にはクイックスキャンが起動するようなので、停止したい場合は「スキャンを取り消す」をクリック。

(クリックで拡大、以下同様)
管理画面

「設定」タブをクリックした「スケジュールされたスキャン」という項目で、スキャンのスケジュールなどを設定することができます。

スケジュール

スキャンが正常に終了すると、次のように「~個の項目のスキャンが終了しました」と表示されます。

スキャン終了

4.その他

スキャンが開始すると、MsMpEng.exeというプロセスが起動します。

もし高負荷になるのが困るようであれば「MsMpEng.exeでWindowsのCPUが高負荷になる原因の対処」の4項を参考にしてください。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)