jQueryで要素を削除する方法のまとめ

jQueryで要素を削除する方法のまとめ

Posted at December 16,2014 12:55 AM
Tag:[jQuery]

jQueryで要素を削除する方法をまとめました。

jQueryで要素を削除

1.自要素と配下の要素を削除する

自要素と配下の要素を削除するにはremove()を利用します。

次のサンプルでは自要素としてdivを指定し、その配下のp要素含めて削除します(赤色部分が削除対象)。

サンプル

<head>
<style>
div { border: 1px solid #000; }
</style>
<script src="//code.jquery.com/jquery-1.11.1.js"></script>
<script>
$(function(){
    $('button').click(function() {
        $('div').remove();
    });
});
</script>
</head>
<body>
<div>
  <p>abc</p>
</div>
<div>
  <p>123</p>
</div>
<button>実行</button>
</body>

実行後のbody要素

<body>
<button>実行</button>
</body>

remove()はパラメータとして削除する条件を指定することができます。

2.子要素を削除する

子要素を削除する(空にする)にはempty()を利用します。

次のサンプルでは自要素としてdivを指定し、その配下(p要素)を空にします(赤色部分が削除対象)。

サンプル

<head>
<style>
div { border: 1px solid #000; }
</style>
<script src="//code.jquery.com/jquery-1.11.1.js"></script>
<script>
$(function(){
    $('button').click(function() {
        $('div').empty();
    });
});
</script>
</head>
<body>
<div>
  <p>abc</p>
</div>
<div>
  <p>123</p>
</div>
<button>実行</button>
</body>

実行後のbody要素

<body>
<div>
</div>
<div>
</div>
<button>実行</button>
</body>

3.親要素を削除する

親要素を削除する(自要素は残す)にはunwrap()を利用します。

次のサンプルでは自要素としてpを指定し、その親要素divを削除します(赤色部分が削除対象)。

サンプル

<head>
<style>
div { border: 1px solid #000; }
</style>
<script src="//code.jquery.com/jquery-1.11.1.js"></script>
<script>
$(function(){
    $('button').click(function() {
        if ( $('p').parent().is('div') ) {
            $('p').unwrap();
        }
    });
});
</script>
</head>
<body>
<div>
  <p>abc</p>
</div>
<div>
  <p>123</p>
</div>
<button>実行</button>
</body>

実行後のbody要素

<body>
<p>abc</p>
<p>123</p>
<button>実行</button>
</body>

4.自要素と配下の要素を削除しつつ、関連付けられているjQueryの情報は保持

自要素と配下の要素を削除しつつも、関連付けられているjQueryの情報を保持したい場合、detach()を利用します。

次のサンプルでは自要素としてdivを指定し、その配下のp要素含めて一旦削除し、appendで削除した要素をnutton要素の後方に追加します(赤色部分が削除対象)。

サンプル

<head>
<style>
div { border: 1px solid #000; }
</style>
<script src="//code.jquery.com/jquery-1.11.1.js"></script>
<script>
$(function(){
    $('button').click(function() {
        div = $('div').detach();
        $('body').append(div);
    });
});
</script>
</head>
<body>
<div>
  <p>abc</p>
</div>
<div>
  <p>123</p>
</div>
<button>実行</button>
</body>

実行後のbody要素

<body>
<button>実行</button>
<div>
  <p>abc</p>
</div>
<div>
  <p>123</p>
</div>
</body>

detach()もパラメータとして削除する条件を指定することができます。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)