Movable Typeで記事編集画面のオプションフィールドを整列する「FieldOptionResizerプラグイン」

Movable Typeで記事編集画面のオプションフィールドを整列する「FieldOptionResizerプラグイン」

Posted at January 8,2015 1:55 AM
Tag:[FieldOptionResizer, MovableType, Plugin]

Movable Typeで記事編集画面のオプションフィールドを整列する「FieldOptionResizerプラグイン」を公開します。

1.機能

カスタムフィールドを大量に登録している場合の記事編集画面のオプションフィールドはこのようになっており、目的のフィールドを表示させるのに探すのが面倒です。

記事編集画面のオプションフィールド(プラグイン適用前)
記事編集画面のオプションフィールド(プラグイン適用前)

本プラグインを利用することでこのように整列させることができます。

記事編集画面のオプションフィールド(プラグイン適用後)
記事編集画面のオプションフィールド(プラグイン適用後)

2.プラグインのダウンロード・インストール

下記のリンクをクリックして、FieldOptionResizerのプラグインアーカイブをダウンロードします。

FieldOptionResizer_0_01.zip

プラグインアーカイブを展開し、pluginsフォルダにあるFieldOptionResizerフォルダをMovable Typeのアプリケーションディレクトリのpluginsディレクトリにアップロードします。

システム管理画面のプラグイン設定画面で、「FieldOptionResizer~」が表示されればインストール完了です。

プラグイン設定画面

3.使い方

プラグインをインストールするとオプションフィールドにテキストフィールドが出現します。

記事編集画面

このフィールドに任意の数値(単位はpx)を入力した後、フィールドからフォーカスをはずしたタイミングで、オプションフィールドの表示幅に反映されます。

記事編集画面

値はデータベースに保存するのでリロード後も適用されます。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)