Movable Typeで消えた記事を復元させる「ForceRecoverEntryプラグイン」

Movable Typeで消えた記事を復元させる「ForceRecoverEntryプラグイン」

Posted at March 6,2015 2:22 AM
Tag:[ForceRecoverEntry, MovableType, Plugin]

Movable Typeで消えた記事を復元させる「ForceRecoverEntryプラグイン」を公開します。

1.はじめに

Movable Typeには保存前の記事を保存する自動保存機能があります。

自動保存は、任意のフィールドを入力してからフォーカスを外すと約5秒後に実行され、編集画面下に「HH:MM:DDに自動保存済み」と表示されます。

HH:MM:DDに自動保存済み

この機能を利用すれば編集後から保存までの間にタブを閉じてしまっても、「自動保存された内容を元に戻す」というリンクをクリックすれば復元することができます。

自動保存された内容を元に戻す

自動保存されたデータはセッションテーブルに保持されています。

が、Firefoxがいきなり落ちたときなど、このリンクが表示できないケースが最近増えてきました。

ということで、リンクが表示されなくても自動保存されたデータから復元させるプラグインを作ってみました。

なお、復元後の編集画面は不完全かもしれませんので予めご了承ください。

2.プラグインのダウンロード・インストール

下記のリンクをクリックして、ForceRecoverEntryのプラグインアーカイブをダウンロードします。

ForceRecoverEntry_0_01.zip

プラグインアーカイブを展開し、pluginsフォルダにあるForceRecoverEntryフォルダをMovable Typeのアプリケーションディレクトリのpluginsディレクトリにアップロードします。

システム管理画面のプラグイン設定画面で、「ForceRecoverEntry~」が表示されればインストール完了です。

プラグイン設定画面

3.使い方

新規投稿画面を表示すると、記事タイトル上にプラグインで提供する復元用の入力フィールドが表示されるので、復元したい記事IDを入力して「復元」をクリックします。

新規投稿画面

該当のセッションデータが残っていればこのように復元します。

復元

該当のデータが存在しない場合、ユーザーダッシュボードにジャンプするかもしれません。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)