Thunderbirdでフォルダを切り替えても絞り込みを維持する方法

Thunderbirdでフォルダを切り替えても絞り込みを維持する方法

Posted at April 2,2015 12:03 AM
Tag:[Thunderbird]

Thunderbirdでフォルダを切り替えても絞り込みを維持する方法を紹介します。

1.問題点

Thunderbirdには「クイックフィルタ」という便利な機能があります。

使い方は、メールツールバーにある「クイックフィルタ」をクリック。メールツールバー自体が表示されていない場合は、メニューバーの「表示」→「メールツールバー」で表示されます。

表示された「このフォルダのメッセージを絞り込む...」にキーワードを入力。ここでは「gmail.com」と入力してみます。

これでメールの一覧表示が「gmail.com」で絞り込まれます。絞り込み対象はテキストフィールド下に表示された「送信者」「受信者」「件名」「本文」から選択できます。

が、入力したキーワードはフォルダを切り替えると消えてしまう仕様になっています。

ということで、フォルダを切り替えても絞り込みを維持する方法を紹介します。

2.フォルダを切り替えても絞り込みを維持する

絞り込みを維持するには、クイックフィルタの左側にあるピンのアイコンをクリックするだけです。

クイックフィルタはその他、「未読」「スター付き」「知り合い」「タグ付き」「添付あり」などで絞り込むことも可能で、ピンのアイコンをクリックしておけば、それらの条件もキーワードとあわせて維持されます。

クイックフィルタは、同じ人へのメールの送受信履歴を調べるとき、受信フォルダと送信済フォルダを切り替えて探すのに非常に重宝しているのですが、この機能があることにこれまで気が付いていなかったため、フォルダを切り替えるたびにキーワードを入力していました。

ということで参考になれば幸いです。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)