WindowsにおけるIEのサポートポリシー変更について

WindowsにおけるIEのサポートポリシー変更について

Posted at April 7,2015 12:55 AM
Tag:[IE, Windows]

すでにご存じの方も多いと思いますが、WindowsにおけるIEのサポートポリシー変更について情報展開します。

WindowsにおけるIEのサポートポリシー変更

1.はじめに

WindowsにおけるIEのサポートポリシーが変更になります。

参考:Internet Explorer サポートポリシー変更の重要なお知らせ

上記のマイクロソフトのページに詳細な説明があるのですが、ちょっと分かりにくいのでこのエントリーで噛み砕いて説明します。

認識誤り等ありましたらどこかでつぶやいてください。

2.これまでのIEのサポートポリシー

これまでのIE(=Windowsのコンポーネント)のサポートポリシーは、

このコンポーネントのサポートは関連する製品もしくはプラットフォームのライフサイクルに準拠します

とされていました。

つまり、サポート期間中のWindowsで動作する全バージョンのIEが、そのWindowsのサポート終了までサポートされていた訳です。

たとえば、Windows Vista(SP2)でIE7を使っている場合、Vista SP2のサポート終了日(2017年4月11日)まではIE7もサポートされることになっていました。

2.新しいサポートポリシー

新しいサポートポリシーでは、

サポート期間中のWindowsで動作する最新バージョンのIEのみがサポート対象

となります。

Windowsとサポート対象IEの関係は次表のとおりです。

Windows OSバージョンInternet Explorer のバージョン
Windows Vista SP2Internet Explorer 9
Windows Server 2008 SP2Internet Explorer 9
Windows 7 SP1Internet Explorer 11
Windows Server 2008 R2 SP1Internet Explorer 11
Windows 8.1 UpdateInternet Explorer 11
Windows Server 2012Internet Explorer 10
Windows Server 2012 R2Internet Explorer 11

注:Windows 8はWindows 8.1へのアップグレードが必要

1項のWindows Vista(SP2)の例であれば、上の表のとおりIE9のみがサポート対象となり、IE7はサポート対象外となります。

3.新しいサポートポリシーの適用開始日

新しいサポートポリシーは2016年1月13日からスタートします。

よって、2016年1月12日までに前述の表に示す最新バージョンのブラウザにアップグレードする必要があります。

それ以降、旧バージョンのInternet Explorerのサポートは終了となります。

サポートが終了してしまうと、セキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の修正プログラム、無料または有料のサポートオプション、またはオンラインテクニカルコンテンツの更新が提供されなくなります。

なお、マイクロソフトのサポートライフサイクルのページは、すでに新しいIEのサポートポリシーに準拠した内容に変更されています。

マイクロソフト サポート ライフサイクル

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)