WindowsでShiftキー/Ctrlキー/Altキー/Windowsキーを押しっぱなしにする方法

WindowsでShiftキー/Ctrlキー/Altキー/Windowsキーを押しっぱなしにする方法

Posted at March 7,2019 12:03 AM
Tag:[Windows]

WindowsでShiftキー/Ctrlキー/Altキー/Windowsキーを押しっぱなしにする方法を紹介します。

1.問題点

Windowsの操作で英大文字だけを打ち込む作業が発生しました。

その際Shiftキーを押しっぱなしにしなければなりませんが、小指でShiftキーを押し続けるのは大変です。

小さいおもりをキーの上に置く方法もあると思いますが、他に良い方法はないでしょうか。

ということで、WindowsでShiftキー/Ctrlキー/Altキー/Windowsキーを押しっぱなしにする方法を紹介します。

2.Shiftキー/Ctrlキー/Altキー/Windowsキーを押しっぱなしにする

Shiftキー/Ctrlキー/Altキー/Windowsキーを押しっぱなしにするには、「固定キー」機能を利用します。

以下、固定キー機能の設定方法です。

Windowsキー+Uを押下(または「スタート」→「アクセサリ」→「コンピューターの簡単操作」→「コンピューターの簡単操作センター」をクリック)。

コンピューターの簡単操作センター

「コンピューターの簡単操作センター」が開くので「キーボードを使いやすくします」をクリック。

(クリックで拡大、以下同様)
キーボードを使いやすくします

「入力しやすくします」の中の「固定キーを有効にする」にチェック。

固定キーを有効にする

「固定キーのセットアップ」をクリック。

固定キーのセットアップ

上にある「固定キーを有効にします」をチェック。

固定キーを有効にします

「Ctrl、Alt、Shift、Windowsロゴキーを2回続けて押すとそのキーをロックする」をチェック。

Ctrl、Alt、Shift、Windowsロゴキーを2回続けて押すとそのキーをロックする

「2つのキーを同時に押すと固定キー機能を無効にする」のチェックを外す。これはCtrlキーを使ってエディタ操作をする場合に固定キー機能が解除されるのを防ぐためです。

2つのキーを同時に押すと固定キー機能を無効にする

「OK」をクリック。

「OK」をクリック

ひとつ前の画面に戻るので「OK」をクリック。

「OK」をクリック

これで設定完了です。

タスクバーに白い4つの箱のアイコンが表示されます。

タスクバーに白い4つの箱のアイコンが表示

それぞれの箱は、

上:Shiftキー
下左:Ctrlキー
下中:Windowsキー
下右:Altキー

に対応しています。

このアイコンの使い方は次項で説明します。

3.キーをロックする

Shiftキー/Ctrlキー/Altキー/Windowsキーをロックするには、ロックしたいキーを連続で2回押下します。

キーがロックされると黒に表示が変わります。

Shiftキーがロックされた状態
Shiftキーがロックされた状態

Ctrlキーがロックされた状態
Ctrlキーがロックされた状態

Windowsキーがロックされた状態
Windowsキーがロックされた状態

Altキーがロックされた状態
Altキーがロックされた状態

なお、ロックしたいキーを1回だけ押下すると1度だけロックされた状態になり、何かキーを押下した時点でロックが解除されます。

4.ロックを解除する

ロックを解除するには、ロックされているキーを1回押下します。

なお、ロックしたいキーを1回だけ押下してロックした場合(かつ他のキーを押下していない場合)、そのキーを2回押下すれば解除されます。

5.固定キー機能を解除する

固定キー機能を解除するには、4つの箱のアイコンをダブルクリックすれば設定画面が表示されるので、「固定キーを有効にします」のチェックを外して「OK」をクリックします。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)