TopProgramming Language > 2005年8月
2005年8月16日

Active Perl でワイルドカードを利用する

August 16,2005 11:58 PM
Tag:[, , ]
Permalink

UNIX やLinux ではコマンドラインから Perl を実行する時、入力するファイル名に「*(ワイルドカード)」を使用することができます。

IT用語辞典ワイルドカード

例えばあるディレクトリに10のHTMLファイルがあり、それを全て順番に読み込みたい場合、「*.html」と指定するだけで、ファイル名をひとつずつ記述しなくても全てのHTMLファイルを対象とすることができます。

ところが ActivePerl でワイルドカード指定をしたところ、ワイルドカード「*」がそのままファイル名になるだけで全く読み込まれませんでした。googleで検索してみたところ、ActivePerl の仕様でMS-DOSのワイルドカードに対応していない、つまりファイル名として展開されないようです。

ですが利用できる方法も同時にみつかりましたので、ActivePerl でワイルドカードが利用する方法をご紹介します(備忘録)。

1.Wildcard.pm をダウンロード
下記のサイトより Wildcard.pm をダウンロードします。

KippMy Scripts

2.Wildcard.pm の配置
ダウンロードしたファイルをPerlライブラリディレクトリに配置します。Perl のパスが /usr/bin/perl であれば、配置ディレクトリは、

C:\usr\lib

になります(Cドライブにインストールされている場合)。

3.スクリプトに use 関数を追加
実行するPerlスクリプトの先頭に

use Wildcard;

を追加します。

以上です。これでワイルドカードを指定するとファイル名として展開されるようになります。
参考サイトは下記です。ありがとうございました。

リネームのスクリプトでPerlと正規表現の基本を学ぶ (4)

ちなみにこのページの最後に書いてある文章には軽く斬られました(笑)。

~(略)~もっと上手な「Perl使い」の人たちは、ワイルドカード自体あまり使いません。Perl内に用意された別の方法を使ってもっと柔軟に複数ファイルを扱うことが多いので、この仕様はそれほど問題にはならないのです。~(略)~
Comments [0] | Trackbacks [2]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3